フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 気楽に、 おひとりでも | メイン | Traveler. »

2012年4月29日 (日)

夏の扉 - DRY GIN - BOTANIST -  ①

 

 

 

私は 以前から、 GIN  /  ジン が 大の苦手だった。

前職に就いていた頃、 直属の上司が 会社の宴会の度に ・・・

何故か必ず 私に GIN  TONIC / ジントニック  を 勧める。

苦手なのに、 上司は  “ 私は GIN TONIC  が 好き  ”  と  

勝手に大きな勘違いをしているようだった。   

  

昨年の今頃 ・・・

昔のウイスキーの美味しさを知っている方々に  満足頂けるような

ウイスキーを探したいと、 ある老舗企業に相談した。

      

そこで、 ウイスキーを語らせたら この人 !!    と言われる K氏と、 

某ホテルの恩師 M氏が 当店で 勉強会を開いて下さった。

   

 

一切の何の説明も無しに 「ウイスキーよりも まず、 これを飲んでほしい」  と

ある  DRY GIN / ドライジン を 勧められた。 

嫌々 言うと、 「ひと口で良いから」  と。

 

少しだけ 口にしてみて 驚いた。

 

あの独特のクセ、 臭みがない。  

 

「何 これ !?」   と、  この DRY GIN に 興味が走った。 

  

   

   

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/466441/29006275

夏の扉 - DRY GIN - BOTANIST -  ①を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。