フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 走る、  走る | メイン | -  Café  au lait  カフェ ・ オ ・ レ  - »

2012年9月27日 (木)

楽園の地より

 

 

   

  

「こんばんは」  

 

久し振りにいらした女性ゲストの後ろには ご友人の姿が見えた。

  

 

 

 

Café カフェらしい 雰囲気のなか、 楽しそうなお喋りが弾んでいる。

 

  

   

 

「串間に住んでいるんですよ、  明後日 帰るんです」  と ご友人。

お帰り際、 思わず 声を掛けて下さった。

 

 

 

串間と聞き、 つい 宮崎話で 盛り上がる。

  

「宮崎県は ツーリングに最高なところだと思うけれど、 何故か バイク屋さんが

少ないんですょ」   と  ポツリ。  

  

 

聞くと ・・・

オートバイで全国を旅した 20代前半、 オートバイを手放し 車生活の今、

もう一度 オートバイの旅がしたくて 検討中だとか。

(ご一緒の女性ゲストは、 一昨年の冬に 突然 オートバイの免許を取得し

和尚を驚かせたことが記憶に新しい)  

 

  

 

こちらの男性 ・・・

話せば話すほどに、 走りに対する かなりのマニアックさが伺える。

恐らく まだ20代のゲスト、  きっと ここに集うライダーと話が合うはず  !! 

んっ  flair      だから 今回連れて来られたのか (笑) 

 

「串間は 何もないところ」  と おっしゃるけれど ・・・

いやいや  山も 海も、 大自然が残る 私は大好きな土地。

素直に笑い、 喜び、 感動 できる場所 !      

 

「車ででも、 バイクででも、 また 来ますね~ sign01」  と  笑顔でお帰りになった。

 

 

  

  

- 楽園の地、 串間市/宮崎県 - 

 

 

宮崎県は太平洋に沿って長い地形、 絶景の朝日を眺めることができる。

串間市は 最南端に位置し、 特に ここは ゆるりとした時間が流れる。

もしかしたら、 忙しすぎた日本人が 「今」 もっとも憧れる 贅沢な時間や

暮らしが残る土地なのかもしれない。

  

 

昔より 野生猿が棲息する島であることから 猿島とも言われる 「幸島(こうじま)」 は

「海水で 芋を洗う日本猿」  ということで 特に有名。

この小さな島は 自然が良好な状態で残されているため、 

野生動物が数多く棲息することで知られる。

京都大学の霊長類研究施設が設けられている。

「幸島サル生息地」 として 国の天然記念物に指定。  

  

野生の御崎馬が棲息することで知られる、 「都井岬(といみさき)」。

「岬馬 および その繁殖地」 として こちらも 国の天然記念物に指定。

昔は、 車で行くと開けた窓に 馬がどんどんやってきて、 

車内を覗き込むように 首を突っ込まれていた。 

まわりの車を見渡すと 皆 同じようにやられているくらいに 今よりも 馬が多かった。

 

丘陵地帯のここからの眺めは とくに素晴らしく、 日本にも 

まだまだ こんなに美しい景色がある !      と  行くたびに嬉しく、 改めて思う。

温暖な地、 静かな時間、 美しい緑 と 青い海    との   コントラストに癒される。

 

 

 

  

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/466441/29933639

楽園の地よりを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。