フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

Thank you for giving a present.

 

   

                  連日頂いている、 贈られてくる プレゼントの数々をご紹介します ! 

                                                     一杯の招き猫の背中には

                        今年の運勢が。

              お正月、 ゲストの皆さんと  存分に楽しみました ♪

                                               20130101_2

 

「田舎の人間は困るねぇ...    加減を知らんからね」  と 鹿児島は指宿 山川の畑から

いっぱいの野菜を運んできて下さいました ♪

愛情たっぷりの鹿児島の野菜、 とっても嬉しかった  & 美味しかった ♪ 

個人的には 久し振りにニシムタの袋を見ることが出来た事が とっても嬉しかった。   

私の ツボ でした smile 

 

20130102  20130103

 

 

2012年に行われた、 シンガポール  F1 グランプリ。

貴重な生写真を 今回もたくさん !     お忙しい中を TAXI  で駆けつけお持ち下さった。

 

   

                                        20130104 

   

                

                                          迫力ある 写真を、 有り難うございます !

20130105  20130106_2

 

    和尚の縁(ゆかり)の永平寺より、  フランス料理界の大先輩から頂いた。       

                   とても 美味しかった ♪                  

 

                                       

             20130107  

   

 

 

                  「ハイッ !      お年賀に」  と

  1年半前に 袋が気になると言った、   私の 言葉を覚えていて下さったと驚いた ♪

皮も具も とても美味しいぶたまん !   予想していた通り、横浜の中華街に負けてない !

 

20130108  20130109

 

  

                              60周年の記念年の ANA機内では  

                           記念となるボタン磁石がもらえるらしい ♪   

                                                                                ドキドキ開封してみると A320  でした ♪

20130110 20130111 

     その他にも 連日、 たくさんのお土産 & プレゼントを頂いています。

                お気持ちだけで 大満足です ♪  

   

 

     いつも温かく見守って下さり、 応援して下さり ありがとうございます  happy01 

 

澄み切った青空 ♪

 

 

  

 

- 冬の福岡で、 こんなに 澄み切った青空を見ることが出来るのは 貴重 !  -

 

 

 

 

そんな 本日の 貴重な定休日。

 

このところ、 いろいろと考える事もあって ・・・ 

仕事の面で 悩むことも多くって ・・・

 

ふと気付くと 足先は 福岡空港に向いていました。 

 

 

高校生の頃、 旅につく仕事がしたいと たびたび ひとりで行っていた場所。

何十年振りかに、 第1ターミナルに向かっていました。

 

羽田や中部、 いやいや 千歳にも比べると ・・・

とっても ローカルなターミナル。

でも 私にとっては、 何か ホッと  するのです。

南国のような、 島のターミナルのような感じにも見える そこは、 初心に戻れる場所。    

 

歩きながら ・・・  

そこで 人との出会いを楽しむかのように働く方々を見ながら ・・・

元気になれました。

 

 

空港郵便局の方が  「しっかり 綺麗に押しますね ♪」  と おっしゃった声に

悩みが一気に 吹き飛びました。

 

 

 

やっと 心を落ち着かせ、 初心に戻ることが出来た。

やはり ここは 子供の頃から好きだった場所。

  

幼い頃から 迎えに 見送りに、 度々来ていた この空港。

幼き頃からの待ち合わせ場所は、 今は無き ?  「ライオン像の前」  でした。

知らない方も多いと思います。  

福岡空港の 「ライオン」  

悩んだり、 ぶつかったりした時には 何故かここへと来てしまう。

 

 

 

 

私にとって 力をもらえる場所なのです。

 

 

 

明日から 又 元気に、 過ぎてゆく時間を 思いっ切り楽しめそうです ♪

 

 

  

 

 

 

 

2013年1月27日 (日)

4 Seasons  走り抜く !

 

 

 

 

          diamond   2013年  1月     8日 (火)    ~     1月   20日 (日)   diamond 

 

    

 

                 オートバイに乗ってご登場下さったライダー(マシン) を ご紹介  sign01

       <この間 何度もお越し下さった方々も、 一度のみの記載   pen  としています>

   

HONDA    NS-1   

HONDA   Wave 110  S    Super  Cub   【Thailand】

Malaguti   blog 125  i.e.      【ITALY】   

HONDA   CB 400   Super  Four     

YAMAHA   SRX-3型

HONDA  NSR  250 R

YAMAHA  TRX  850   

DUCATI   750  F1  PANTAH     【ITALY】

Kawasaki   Ninja   1000

DUCATI    MONSTER    796   【ITALY】    

Kawasaki    Z  750  FX          リベンジで、 再び ご登場下さった !    

TRIUMPH   TIGER  800      【ENGLND】

TRIUMPH   BONNEVILLE      【ENGLAND】

YAMAHA   SR  400   改、 500     〈初〉

YAMAHA   SEROW  225     〈初〉

BMW    R  1100  R      【GERMANY】

DUCATI   MULTISTRADA   1000s   DS     【ITALY】   

HONDA  XR  100   

BMW   K  1300  S     【GERMANY】

YAMAHA    YW 125 T    BW'S   125      【中華民國】 

   

 

2013011920      トライアンフ ボンネヴィル

 

 

Special  Guests  !! 

 

秘密基地の主(あるじ)  

AVANZARE      田代氏  &   最強の専属キャンペンガール   ♪

 

 

 

 

  

     連日、 こんなに寒いなかをオートバイに乗って走っていらしたライダー。

             寒さに強い私でも、 今冬は厳しいと思うのに 

                 ゲストの皆さんに脱帽です drama          

 

  

    いろいろな国のメーカーが揃い、 寒さにも負けず 華やかな皆さんです。

                    

 

         

 

  

遊びゴコロ満点 !

 

 

 

Sunday,     20     January

 

個性的で、 遊びゴコロ満点のマシンが 軽快に勢い良く入ってきた ! 

 

 

 

YAMAHA 〈台湾山葉機車工業〉   YW 125 T    BW'S   125 

2013012050  2013012051

 

オーナーさんは  『屋台 雲仙』 大将 sign01

「いやぁ~、 コレ 以外と速くて 乗りやすいんですょ  smile   ただ 足がつきにくい」

 

DUCATI   乗りの大将とは  イタリアン繋がりで、 レース話にも広がっていく。

大将と和尚 二人で、 あれこれとバイク談義に花が咲いたひとときでした tulip

 

  

 

BW'S   ビーウィズ

台湾山葉(たいわんヤマハ) が 製造 ・ 販売。

日本では 正式発売されていないが、 オートバイショップにより 並行輸入された

車両を購入することはできると知った。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

  

カモシカに乗って ♪ 

 

 

   

Samedi,   le 19   janvier

1月  19日   土曜日

 

- 明日は  やっと日曜日だ -

週末の夕暮れの余韻を ゲストのおひとり、 おひとりと静かに楽しんでいた。 

  

暗くなってきた頃に ふと 目の前に、 オフロードのオートバイが 勢い良く止まった。

「ん ?」   

ガラス越しに ヘルメットを脱ぐライダーは 見覚えがあった。

   

2013011958

 

店内に入っていらしたオーナーさんに 声を掛ける。 

「前回とは 全く違うタイプのオートバイ、     いいですね」  

  

 

席に座りながら 「通勤用の足なんですょ ...」  と 返ってきた。

 

 

YAMAHA   SEROW   225      初のピット入り。 

2013011959  2013011960

  

前回は、 猫科の  「トラ」 に乗ってお越し下さった。 

2極化している体勢、 どちらもたまらなくお好きなんだろうと 伺えた。

語らなくとも 言葉は少なくても ・・・

オートバイに詳しくない私でも 何か 強く 伝わってくる。 

 

 

お帰り際、   「パスタ 美味しかったです」  と  嬉しい言葉を頂けた。  

 

  

Curry  売り切れで 申し訳ございませんでした。

次回は 是非 お試し頂きたいです。

 

 

 

マニアックでも 好きなモノは好き  !       それが 1番 !   

ライダーに限らず、 そんなゲストの皆さんが 集う店なのです。

 

 

 

 

「トラ」 = Triumph   トライアンフ ENGLAND   

「かもしか」 = SEROW       

 

   

YAMAHA   SEROW   

1985年から 日本で製造しているオートバイ。  ロングセラーモデル。

当店でも 幅広い層のファンがついている。

チョイ乗りや 通勤用の足としては もちろんの事、 林道や 山道、 獣道、 

道なきところでも、 カモシカのように身軽に長距離を走り抜けることが出来ると

ゲストの皆さんからも聞いている。

 

  

 

 

 

2013年1月26日 (土)

Long seller.

 

Saturday,    January     19

 

 

1978年の この日、 Volkswagen   フォルクスワーゲン社 (Germany)   が

42年間 ロングセラーだった、 Beetle  ビートル(小型車)  の国内生産を打ち切った。

  

 

タンクが ...    とても印象的なオートバイが、 すすすっと 隅の方に ...   

でも 店内からは よく見えるスポットに止まった。

 

 

 

 

YAMAHA    SR  400   改、 500         初のピット入り motorsportsshine 

2013011955  2013011956

    

春日市/福岡県 より お越し下さった。

20年前に生産されたオートバイ。

                                       2013011957 

 

              オーナーさんの言葉からも分かったけれど、 関東のご出身と伺った。

   そして 以前には MOTOGUZZI    CALIFORNIA   にも乗っていらしたと言う、  

                 まさに 筋金入りの ........  。  

          何だか 和尚と妙に 盛り上がっていたひとときでした。 

            類は友を呼ぶ~ ♪  を 感じてしまいました。  

 

 

 

     店を思い出した時に また是非、 心地良く風を切り 走って来て下さい。    

 

 

 

 

 

               

 

 

Long   seller / ロングセラー 

SR   400  は、 1978年に発売された。

2008年まで 基本設計とデザインを変更せずに販売し続けたロングセラー車種。

一度は 生産終了となったが、 排ガス規制に対応した設計変更を加えて

2009年末に 再び生産が開始された。 

 

                         ~ Wikipedia  より抜粋致しました confident ~ 

     

 

 

 

 

2013年1月25日 (金)

エヌワン !

 

 

Saturday,     19     JANUARY 

 

平野部では 雪が溶け、 センター試験が始まった 土曜日。

 

カフェの時間に ・・・

もうお馴染みとなった オートバイが目の前に到着した。

 

 

HONDA    NS-1   1997年型

2013011915  

 

 

通称: エヌワン 

何度見ても、 排気量  50 cc  には見えないほど 大きなフォルム。

2013011916  2013011917

 

「こうやって、 フルフェイスのヘルメットが すっぽりと入るんですょ ♪」  と

見せて頂いた。

  

 

   

この日は 和尚と あれこれバイク談義を。

学内には、 懐かしのスクーターも含めて マニアックなマシンに乗るライダーは

多いと聞き、 驚いた。

10代、  20代のライダー人口は かなり減っていると聞いていたけれど

ここでは 違うみたい。

 

  

将来に向けての話、 オートバイについての話も ....    

真面目な会話にも 遊び心の花が咲く ひとときでした clover 

 

 

帰り道、  又 いつでも ホッとしに ....    走って来て下さ~い !   

 

 

   

- ランチタイムに お急ぎの皆さんへ - 

 

 

    

  

「お急ぎの方は、 遠慮なく 先に ひと声お掛け下さい」 

 

 

数年前までは 私達も、  長年 サラリーマンを経験しました。

毎日が とても慌ただしい仕事に就いていたため、 1時間の昼休み時間もなく

駆け込むように 急いで食事をしていた、 又 連日 食事の最中であっても

仕事に戻るよう呼び出されていた経験をもっています

 

 

 

当店でのランチタイムでは ・・・

限られた昼休み時間の方、  通院や レッスン、 面談  アポイントなどの時間で

お急ぎになっていらっしゃる方を 最優先  としています。

 

 

先に そのようなお話を伺った場合には、 「ここを 何時に出たら良いか」  を

必ず伺っています。

 

実際に連日、 前もって お電話を下さり 

「これからそちらに向かうけれど ●時  ●分  迄には 食事を終えて 店を出たいから、  

お願いできる ?    デザートも飲み物も出来た順番にドンドン出してくれていいから」 と

おっしゃる方も多いです。

  

又、 連絡なしに到着された場合でも  お急ぎと伺った時点で、 

店内がラッシュなどで 対応が難しい場合には その旨をお伝えしています。

  

 

 

お越し頂いた際に、 お急ぎの方は 遠慮なく

「出発したい時間」  を ひと声お伝え下さい。 

 

 

 

 

毎日 可能な限り、 ご希望に添えられるようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

2013年1月23日 (水)

- 当店をご利用の皆さんにお願い -

 

 

 

 

日頃、 当店のメニューや ブログを読んで 既にご存じの方も多いと思います。

 

  

当店は  サービスランチタイムを  11:30   ~ 14:00     としています。  

この時間は、 ランチメニューのご提供を  しております。

(ドリンクだけご希望の方も、 お急ぎでなければ承っております) 

 

  

カフェの時間は、 それぞれ  14:00  ~、  19:00  ~  としています。 

この時間は、 通常のメニュー です。 

 

 

 

ランチタイムに、 イレギュラーで 通常のメニュー (あえて、時間の掛かる品) を

オーダーされる方が 時々見受けられますが ・・・

残念な事に当店には  作り手は 1人しかおりません。

また、 その後に ランチメニューをオーダーされた方を 順次 

お待たせすることとなります。   

仕事の合間にお越し下さっている方、 お急ぎの方もいらっしゃいます。

 

 

なかには ちゃんと  14:00 ~、 19:00~  時間を守って下さり、 

カフェを楽しみにお越し下さっている方々も 多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

どうか その辺りをご理解頂いたうえで、 お越し下さいますようお願い申し上げます。

 

 

 

    

「なんでもは 出来ません」  

 

 

 

 

  

     

応援の仕方。

 

 

 

 

 

1ヶ月に 1度くらいのペースで 1人でランチを食べに来て下さる 

人生の大先輩、 女性ゲスト お二方の話。

  

 

 

clover  おひとりは ・・・

- 姪の浜で生まれ育った、 地元の女性ゲスト - 

  

忘れもしない、  3年前のオープンした当日。

ランチで 店内は満席で、 外にも溢れ 行列が出来ていた時 ・・・

 

〈注: 福岡県人は新しい事には目がない人種が特に多い為、  オープン当日は 

どこの店であっても 行列を作ることが 大きな特徴です。 

熱しやすく冷めやすいことも特徴で、  そのうちに サッと行列はなくなります〉 

  

この女性がオーダーをしたのは、 「カフェ・オ・レ」   だった。

  

ランチをオーダーする方ばかりのなか、 そのオーダーが あまりにも嬉しくて

感激した事を ついこの間のように しっかりと覚えている。 

 

 

それ以来、 定期的にお越し下さり ランチを召し上がる。

ただ 毎年 この時期になると ・・・

こちらの女性から  1年に 1度だけ  「カフェ・オ・レ」  のオーダーを受ける。 

 

 

携帯電話も、 インターネットも 全く縁がないという女性ゲストと、 

何気ない毎日の話を定期的にする、 心地良いひととき。

   

  

clover  もう おひとりの人生大先輩の女性ゲスト ・・・

  

- こちらも 姪の浜で生まれ育った、 地元の女性ゲスト - 

  

 

オープンした日から 1 ~ 2ヶ月に 1度は必ず、 ゴロゴロとカートを引っ張りながら

買い物ついでに ランチにお越し下さる。

1人暮らしで 最近ではカレーを作らなくなった、 お肉を焼くことがなくなったと

毎回 どちらかのオーダーが入る。

たまに ここに来て食事をしながら、 お喋りをする事がとても楽しみ と

おっしゃって下さる。

 

お二人に共通して言えることは、 携帯電話にも インターネットにも縁がない 

女性ゲスト。 

 

食事をして頂く間、 何気ない会話で 大笑いされるひととき。

女性のお会計は 必ず、  Cash   and   delivery.   

 

帰り際には、 さり気なくゴソッとして 隠すように他のゲストに見られないように

私の手に 小さな紙袋を持たせる。

 

「恥ずかしいから あとで見て」  と。

 

中身は ・・・ 

食事をする時間がないだろう、  疲れているだろうと察していらっしゃるのか

パクッといつでも 口に入れることが出来るようにと  チョコレートと 

私の好きな   昔ながらの店の和菓子と 栄養ドリンク。

 

「な~んかよう分からんばってん、かわいかシールがあったけん つけといたっちゃん」

 

「ハズカシか~、   さぁ  貴船さんに(神社) お参りしてから 帰ろ」   

照れくさそうにして 逃げるように 店をあとにされる。 

 

 

オープンした日から、 定期的にお越し下さる。

お二人に会える日が、 そして こちらのゲストから お楽しみ袋のようにして頂く袋が

オープン当時から変わらない、 私の 唯一のホッと出来る楽しみ となっている。