フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

My heart was made in Japan. 

  

 

カラッとした気持ちの良い、 眩しいほどの日差しが 燦々と照りつける。

日陰に入ると 爽やかな風が頬をつたう。

  

 

聞いたことのない、 静かな音でご登場。

この日は、 Tricolore  Italiano   三色旗を  ボディに掲げて、 ピット入り   motorsportsshine

「お待ちいたしておりました  ♪」    

 

 

2013042501

 

 

「あ~ あっついっ。  水冷だけれど、 この陽気で あっついょ~ sweat01

 

  

Aprile    25    giovedì.

4月  25日  木曜日 

 

  

 

BIMOTA    YB8     記念すべき 初登場 sign01

2013042502  2013042503

 

 

ツインスパーアルミフレームに、 ヤマハ製エンジンを搭載。 

BIMOTA  シリーズの中では 比較的新しい車種と言われるけれど、 

発売されて かれこれ もう  20年が過ぎる  ...     とは思えないほどに美しい。

  

  

            2013042504

 

  

こちらの紳士、 つい先日行われた MAGNI   Meeting 実行委員長。        

Curryと ラーメンをこよなく愛し、 ラテンなる楽しいアイデアが満載な御方。 

   

shine 発起人 “ 部長 ” shine の  ひと言から始まったと聞く マーニミーティング。 

今からちょうど 3年前のゴールデンウィーク。

記念すべき、 第一回目のミーティングに 当店を選んで頂いた時には

駐車場は 真っ赤っか となり、 とても嬉しゅう 気合いが入りました ♪

あの日は 他のグループ : イタリアンなミーティングと、 SRXなミーティングという

マニアな方々で重なり合ってしまい、 店内は満員御礼 sweat01   

外カフェにて Curry 立食となってしまった  華麗なる紳士もおられた事が、 

ついこの前の事のように思い出され、 大変心苦しゅう存じます。

  

 

この日は 美しすぎるほどの  ビモータをお披露目頂き、 有り難うございました  sign01

  

  

BIMOTA  ビモータ

MAGNI マーニと同じく、 大手メーカーのエンジンを自社製のフレームに搭載するという

方法で製作したオートバイ。

ビモータの製作する車種の名前は、 原則的に 2文字のアルファベットと 

それに続く  数字からなる。   

最初のアルファベットが “ どのメーカーのエンジンを使ったか ” を表し、 

次にビモータを表す “ B ” の文字が続き、 それに続く 数字が

そのメーカーのエンジンを使って作られた “ 車種の何番目か ” を表す。

 

Title   :   

My  heart  was  made  in  Japan.

僕の心は、 日本で生まれた。

 

 

 

 

サマラーテの新しい風。

 

 

  

 

2013042401 

 

 

 

去る 4月 21日に行われた、 

“ Max Fritz   FUKUOKA  主催  第三回 マーニミーティング  ”  に於いて

晴れて無事に、 HHC  デビューを飾った オーナーさんが到着した。

 

 

 

Aprile  24  mercoledì.

4月  24日  水曜日

 

Tempo   di    Caffè.      

珈琲の時間 

 

 

 

当日はまるで イタリアのトマト  のような、 真っ赤っかなマシンが 

フレームに収まりきれないほどに お店の前にゾロリとお出ましになられたようで、 

そんな楽しげな様子につられて出てきた sun 真っ赤っかなお日様   sun が、 

カンカンとマシンを照らしていたそう。

 

お祭りのように賑やかだった お土産話は 尽きない ...

 

                                    MAGNI ARTURO 1000     マーニ   アルトゥーロ 

                                           2013042402

2013042403  2013042404

   

 

Gilera  ジレラや、 MV  AGSUTA    アグスタで活躍した Arturo  Magni  氏が、

1978年に MILANO  ミラノにて創業。 

                                        2013042405

 

        きっと まだまだ九州には多くの ヘンタ ×   な方々が棲息しておられるはず  !

           そして これから新たにあえての へ  ×  タイ 仲間入りを果たされる方も ! 

      

                                             

            何だか ちょっと怖いものみたさ !?    happy01 で

      今後が 益々 楽しみになってきた Meeting  の ご報告でした ♪  

                                    ありがとうございました。

 

 

       もう少し暖かくなったら ぜひ、 愉快で楽しい奥様とご登場下さい。                   

 

 

2013年4月29日 (月)

Good Morning !

   

  

今朝 ...   早くに

 

和尚は  ...

山へ    芝刈りに    走りに ...

 

  

私は ... 

いつもよりも 早めに出勤して  スタンバイ OK  !

 

  

 

このGWから夏にかけては 早朝にフェリーで、 航空機で、 新幹線で着いて 

お越し下さる旅人がいらっしゃるから。

 

 

 

外の準備が終わり、 厨房の準備にとりかかっていると ...

外で 何度か様子を見に来られる作業服姿の方がいらっしゃる。

そのうちに、 厨房目掛けて  「OK  ?」  な サインらしきものを。

「もう コーヒーは飲める ?」    

最初のひと言は、  こうだった。

 

   

コーヒーを淹れるうちに、 「モーニングは やってる  ?」   

 

 

聞くと、 朝食抜きで仕事に入り 朝の時点で  今日は昼食もとれない状況だとおっしゃる。

 

 

洋食の簡単なもので宜しかったらという条件の下で ...

初めてのモーニングを提供した。

 

 

聞くところによると、 名古屋に住んでいた時期が長かったせいか ...

喫茶店でモーニングという生活が板についてしまったと。

根っからの転勤族で 日本全国で行っていないところは 八丈島と佐渡島という話で

私も転勤族の家庭で育ったことから、 モーニングを作りながらも 

会話が かなり盛り上がってしまった。 

 

 

同僚に、 「コーヒーを飲みに行こう !」 と 誘っても 同僚は自販機に向かってしまう。

「何か さみしいょね」  と ...

 

 

 

前職時代に、 仕事で名古屋には頻繁に行っていたけれど

旅館やホテルで朝食をとらなければならない状況で、 ひしめき合う喫茶店での

その有名な 「モーニング」 という品は、  私自身 一度も食べたことがない。

そんな話をしながら、 ドキドキしながら 評価を伺ったところ ...

「名古屋のモーニングよりも 豪華だ、 ボリュームがあって美味い !」      と  

おっしゃって頂けた。

 

 

オープンしてから今までも、 ゲストの皆さんからは  「ぜひ、 モーニングをしてほしい」  と

言われ続けており、 いつかは そんな日がくるのかな ...  と

漠然には思っていたけれど こんなに早く訪れるとは。   

自分にビックリ  !       でも 素直に とても嬉しかった ♪ 

 

 

「どうもありがとね   ♪  またね」  と  大声で手を振り振り、 

再び仕事場へと向かうゲストの後ろ姿を見送りながら  声を大にして言った。

 

「もし またこの時間 開いていたら お会いしましょう happy01

 

 

 

  

因みに ...     

モーニング(朝食)のご提供は 致しておりません (笑)

   

 

 

それぞれに ...

 

   

 

FOOD   食事 も、 DRINK 飲み物 も、

Hot,   Spicy, Dry    からい品 も、  Dessert   デザート も ... 

それぞれに ファンがついて下さっています。

  

 

ここのビールは、 美味しい。 

雑味のない、 コーヒーが美味しい。

フルーツが 甘くて美味しい。

生クリームまで 美味しい。

 

  

連日 そのように声を掛けて下さる方が多く、  とても嬉しく 励みになる毎日ですが

客席から 「ここの水が美味しい  ♪  氷が美味しい」  と 聞こえてくると

やはり テンション高く 舞い上がります sign01

   

全て 基本は 水。

 

嬉しいです。

 

 

  

 

 

2013年4月28日 (日)

スクリーンの中から ...

   

      

 

青い空が 何処までも続く ...  

海側の街路樹には 見上げるほどのフェニックス ... 

海の色、 山の色、 木々の色、 花の色 ...  そして 爽やかな海風   

まるで この季節の  FUKUOKA  は、 Colorful   CA  カラフル カリフォルニア !!             

 

 

Aprile  23  martedì

4月  23日  火曜日

 

 

 

Hollywood  ハリウッドから 太平洋を越えてやってきた ... ような 華麗なるご登場 sign01

...    と思ったら ...   

Poltorona  Frau   の  お洒落な本革サイドバッグから   「ハイッ !    お土産 !」 と 

取り出し、 ニヤリッ 微笑む紳士。 

 

 

2013042305

 

 

獲れたて  春の香り、 タケノコをお持ち下さった。

(東京では、 まず   このバッグからタケノコ が出てくるなんて考えられない !

これぞっ 福岡県のおもしろさ ♪) 

   

 

MOTO  GUZZI    CALIFORNIA   EV80        記念すべき、 初登場  motorsportsshine  

2013042306  2013042307

1971年のデビューから 当初の形をほとんど崩さずに販売され続けている息の長い、 

クルーザータイプ : カリフォルニア。 

2002年、 モト・グッツィ創業 80周年を記念し、  EV80   が限定販売。

 

 

2013042308  2013042309

 

イタリア王室御用達、 高級家具メーガー : Poltorona  Frau   ポルトロ-ナ・フラウ社   との

コラボレートモデルで、 シート、 ハンドルグリップ、 サイドバッグが本革製。

2013042310  2013042311

 

                                   2013042312

 

                                  スクリーンの中から 

        The  Godfather   ゴッドファーザーのテーマ曲が流れたような ...  

                  ご到着と、 ご出発でした smile  

                                          

Poltorona  Frau   ポルトロ-ナ・フラウ社 

1912年 創業。  〈MOTO GUZZI  は 1921年創業〉 

豪華客船、 世界各国の劇場 ・ ホール、 ホテル、 航空機、 

Ferrari フェラーリ、 Maserati   マセラティ などの内装インテリアを手掛けている、

なめらかでしなやかな手触り、 品質の高さで世界を魅了し続ける高級家具メーカー。

特に、 チェア、 チェスターの芸術的な美しさには ファンが多い。

 

 

 

 

当店の名脇役達   ~  Flower of the four seasons ~

  

  

四季折々、 

その季節の花々を身近で感じることが出来ると 嬉しい ♪ 

 

ホッと ひとりで考え事をする時も、  静かに読書をする時も、  ただボーッとしたい時も

お仲間とのお喋りに花を咲かせる時も

ふと 窓の外に目をやると、 色とりどりの花が元気に咲いている。

  

 

2013042800  2013042801  

 

東の空から まだ太陽が昇らないうちに

店前の花壇を 少しずつ 夏の花に交代していく、 この季節。

 

作業をひととおり終え、 ちょうど水やりを始める頃 ....

眩しいほどの お日さまの光が ビルの間から差してくる。 

 

 

                                             2013042802

 

朝の水浴びをして、 東の空に向かって ニッコリ元気な花達は、   

名脇役として ゲストの皆さんのお喋りに花を添えています ♪

 

本日の日の出 〈福岡県〉  5 : 33 am.

   

   

 

 

 

2013年4月26日 (金)

Refreshment.

 

 

 

 

   diamond        2013年  4月     16日 (火)    ~    4月      21日 (日)   diamond  

            

    

     オートバイに乗ってご登場下さったライダー(マシン) を ご紹介  sign01

      <この間 何度もお越し下さった方々も、 一度のみの記載   pen  としています> 

 

  

HONDA   DAX   ST70     (通称:ダッコロ)  - 1972年製 -   

BIMOTA   DB5C     【ITALY】 

Kawasaki   D-TRACKER   125      〈初〉

Kawasaki   D-TRACKER   250      〈初〉

MOTO  GUZZI    V7   Ambassador    【ITALY】

Kawasaki   ZX-12R       - 2000年型 -

Kawasaki   Ninja  1000    〈初〉 

Kawasaki   ZX-12R    〈初〉

Kawasaki   ZZR  1400

BMW    K 1300 S       【GERMANY】

MOTO  GUZZI    V11   SCURA       【ITALY】   

 

 

   福岡へ出張で、 旅の途中に、 大きな荷物を手に立ち寄って下さった方々も、

    気持ち良く、 昼夜に オープンカーに乗って目的地にして下さった方々も、

           1日 2回いらっしゃる方々も 目立った1週間でした。                           

  

  

       

          昼も 夜も、 リフレッシュの場 カフェと根付くように、

     女性も 男性も 仕事を忘れて 本来の自分自身に戻れるような空間、 

    おひとり おひとり ゲストの皆さんが心地良く過ごすことが出来るように、

               そんな 店作りに励んでいきます ♪             

 

  

 

Title  : 

Refreshment.                                             

休養。 元気を回復させるもの。 気分を爽やかにするもの。                          

 

 

 

  

 

                         

ビシッと !  パシッと ! Kawasaki  !

 

   

力強い  重工業   の音が 近づいてきた。

  

Sunday,     21    April.

    

 

   

“ こんにちは ”

初めてお会いしたのに、 そんな風に感じないような  不思議な感覚。

ブログを読んで下さっていると知り、 そこから会話がみるみるうちに広がったひととき。

 

    

Kawasaki   Ninja   1000                                         Kawasaki   ZX-12R

2013042110  2013042111

初のピット入り motorsportsshine                                              初のピット入り  motorsportsshine 

 

          

 

間もなくして、 重工業の音が近づいてきた。 

バラバラに駐めていたオートバイ。 

“ せっかくだから  ここを川崎展示場にしちゃおう ”   

すぐに意気投合され、 ビシッと、 パシッと  このように  ...

 

                                                          

2013042112  2013042113  

                               

                                                                                  珍しい偶然  !    初期型と最終型が並ぶ。

2013042114  2013042115

  

ZX-12R       -初期型-                ZX-12R     -最終型- 

2013042116  2013042117

   

  

“  また 何処かでお会いしましょう ♪ ” 

挨拶を交わし、 笑顔で出発されました sign01

 

 

 

  

 

 

2013年4月25日 (木)

自然のかおり

 

 

 

  

水色に オレンジ色が混じり合う空。 

次第に色濃く染まりゆく松林が パステルカラーの空に重なっていく。

  

 

Odopark01_2  Odopark02

 

 

足下には コロッコロッとした 大きな松ぼっくり。

 

 

この時期から 梅雨に入る前までの福岡県は、 日差しは強いけれど 湿度は低く

木陰に入ると とても涼しい。 

最も過ごしやすい季節。

 

  

松林の向こうには 穏やかな海が広がる。

 

  

 

そろそろ 初夏のかおりが漂い始める頃。

 

本日(福岡県) ・・・ 日の入り時刻  18:57   

 

Just Slow Ride ♪

 

 

     

 

厳かに Ambassador/大使 が到着した。

 

    

Aprile   17   mercoledì. 

4月   17日   水曜日 

  

 

誰もに  “ 濃い世界 ” と言われる、 鷹〈MOTO  GUZZI〉 の国。

更に濃く深くマニアな世界と伝わる、 HHC の国より。

      

MOTO  GUZZI    V7   AMBASSADOR      

2013041702  2013041703

 

2013041704 

 

 

MOTO  GUZZI  の現在のエンジンレイアウト (縦置きV型エンジン) の原型になったモデル。

   

                                                                              Motoguzzimagazine 

                                     MOTO  GUZZI  MAGAZINE   より  

 

  

 

「気持ち良く ちょうど良く走るに いいマシンだょ」  

 

 

“ 旧さは、 決して色あせない ” 

バイクを楽しむ。 そこには 年式の差なんてない。

                                                              MOTO  GUZZI   MAGAZINE   より

 

 

個性を大いに楽しみ、 笑いに満ち溢れる、 気持ちの良い走りを

楽しんでいらっしゃるゲストのおひとりです。