フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月24日 (水)

1杯の美味しさ。 

 

 

 

  

「何  !?     これ !     ジン・トニック ってこんなに美味しかったっけ」

 

   

Gintonic

   

 

こんな気持ちの良い午後には、 夜でなくても オーダーが入るジン・トニック。

女性からも、 男性からも、 「Ginに対する固定観念が変わった」  と 

この小さな店でさえ、 声を聞くことが多い。

美味しいモノを 1杯だけ。 

 

 

  

 

“ 小さな島から 世界へ ” 

“ 世界中で最高評価の DRY GIN ” 

 

   

故郷アイラ島に対する想い、 良い品をと こだわりをもって、

この DRY  GIN   ドライ・ジンを作り上げた 

蒸留最高責任者(マスター・ディスティラー) JIM   MCEWAN    ジム ・ マキュワン氏に

会うことが出来て、 話すことが出来て 本当に良かった。

 

 

 

この方も かなりユーモア溢れる ♪ 

 

 

 

 

真剣に。  真面目に。

 

 

 

  

- ひとつひとつを 美味しく、 作る、 注ぐ、 淹れる -  

  

  

ひとつひとつに真剣勝負で取り組むために、 

レストランのように たくさんの種類はご用意してはおりません。  

 

   

毎日、 「あ~、 来て良かった」 「美味しかった~」  と 声を掛けて下さる喜び。

 

メニューに掲載している品は、 全て 嬉しい声を頂いています。

 

食べた後に、 飲んだ後に、 会計の際に残念な気持ちにならないように

これまでの経験を生かして、 全力投球 しています。   

 

  

 

 

 

 

青空に向かって

 

 

 

  

 

姪の浜地方、 青空が戻ってきました ♪

路面も乾いてきました。

 

現在の気温 : 21. 6℃  

  

Effel

 

 

 

壁に映るエッフェル塔、 影のように見えるでしょ。

いつの頃からか この位置から写真を撮る方が増えてきました ♪ 

 

 

 

 

 

 

2013年4月23日 (火)

もち米の産地より

 

 

 

 

慣れ親しんだ 「もちだんご村」 より 届いた。

  

Mochikichi  

 

  

東京に住んでいた頃、 関東のおせんべいでしょ  ?    という声を耳にしていたほど 

おせんべいの地、 関東でも既にメジャーデビューを果たした 福岡県のおせんべい。 

作られた地は、 筑豊三都のひとつ、 直方市(のおがたし)。 

この市の 「もちだんご村」 を訪れると、 餅米と 水と 技にこだわる気持ちが伝わる。

  

   

その土地土地の “ こだわりあるお土産 ” を ゲストの皆さんから笑顔で頂くたびに、 

厨房では、 もっと美味しく向上していこうという気持ちが奮い立つ。

 

 

  

次のステップへと進む為に

  

 

  

 

「加齢」  という言葉。 

時には “原因”  “理由” として、 そのひと言で  片付けられてしまう言葉。

そんな時に多く使われているような気がする。 

  

立場が上の人から  その言葉を言われると、  もう どうやっても治らないんだと 

諦めるしかないと思ってしまい、 それ以上 聞くことができなくなってしまうと言う。 

そんな話を ここでもよく聞く。

  

 

でも 「加齢」は、 この世に時間がある限り 誰もが重ねていく自然現象。

皆、 それは分かっている。

それを 原因 ・ 理由にするのは、 かなり大雑把なような気がする。 

 

自分の生活習慣などからの原因、 これ以上 悪くならないよう維持するためには 

どうしたら良いか、 どこを改善したら良いのかが ただ知りたいだけなのに ...  

 

  

身の回りで起きる小さな物事、 事件・事故、 恋愛などでも 同じ事が言える。 

訳が分からぬままだと、 そのことをなかなか消化することは出来ない。 

改善して、 次のステップへ進めない。

 

 

起きてしまった前には もう戻れないとしても、 これから先 同じ事を繰り返さないために

原因 ・ 理由  をきちんと知りたいと思う気持ちは、 皆 同じじゃないかなと思う。

 

 

  

 

 

走りたくなる夜にも 

 

  

  

Tuesday,     16    Apr.

4月  16日  火曜日

  

穏やかな波がつづく  ... 

この時期は とても静か。

短時間でリフレッシュをするには 最高に気持ち良い サンセットロード。

海に向かって 手足を思いっ切り伸ばして、 大きく深呼吸。

 

そんな ライダーが到着した夜。

 

2013041610  2013041611

   

  

D-TRACKER   125      初のピット入り motorsports          D-TRACKER   250    初のピット入り  motorsports 

2013041612  2013041613

女性ライダー shine

 

 

 

二見ヶ浦からの帰り道に 立ち寄って下さった。 

当店でも話題に上がることが多い、   小排気量モデル。

楽しそう  ♪    な お二人の笑顔に、 お帰り際に少々バイク談義を。   

山にも、 海にも、  街にも  気持ち良く走りやすそう   ♪ 

また、 いつでもお立ち寄り下さい happy01  

 

  

「櫻井   二見ヶ浦」 

“ 朝日の 伊勢/二見浦  ” に対し、 “  夕日の 筑前/二見ヶ浦 ” と呼ばれる。

夏至の時期だけ、 夫婦岩の間から朝日が昇る 三重県二見浦 〔ふたみうら〕 に対して、

夏至の頃 (今年は  6/21)、 福岡県糸島市 二見ヶ浦 〔ふたみがうら〕  では 

夫婦岩の間に沈む夕日の景観が眺められる。   どちらも 息をのむ美しさ。

ここは、 櫻井神社 (県の文化財) の神聖なる地。

  

 

 

 

 

  

2013年4月21日 (日)

2年越しの想い

 

  

 

  

車が駐まった。 

   

「Erika  と 申します」

「閉店間際ですけど すみません、 いいですか ?」 

   

そこから先は ....    全て  コッテコテ筑後弁  で。

「コッテコテやなぁ   smile」  和尚の 第一印象。

     

 

ラジオ出演を終えて、 お友達と待ち合わせして走って来て下さった。

  

 

ライヴの話から、 日本では あり得ないことが起こる  New York  での笑いある生活、  

現地で活躍中  の日本人達、 現地に多い  ゲイ能人な方々 shine などの

途切れることのない盛り沢山の話題に、  聞けば聞くほど一同で お腹を抱えて笑う。  

「こりゃ 明日、 肋骨が折れてたりして !」    と 笑いながらお友達が言う。

 

 

彼女は 美しすぎるほどの筑後弁   をそのまま、 東京生活を経て 

NYに持ち込み、 今に至っている。

英語 & 筑後弁  というところが 嬉しいよ~  と グッと親近感   が沸く。

  

 

 

20130414   20130414_2   

    

  

いつも、 その瞬間を 全力投球で  ! 

  

摩天楼からの凱旋は ...        

昔からの友人に やっと会えたような ...   

そんな気持ちにさせてくれた 飾らない数時間でした。

   

  

                                       20130414_3

                                                                                                                               

 

                                              あとぜき ...  

    

 

 

ERIKA の  New  York  パッションライフ   ←  ブログ は こちらです。  

 

 

 

 

 

 

2013年4月20日 (土)

しとしと雨の、 こんな日は 

 

 

 

 

 

お友達同士と、  あるいは ひとりで ふらっと ... 

緊張することなく、 心も身体も 普段着のままで ... 

誰も カッコつけずに。 

 

 

Cafe_cafe  

 

 

 

外は雨でも おしゃべりに 花が咲きます。

 

本来の  “ Café の 役割 ”    情報交換の場になっていて嬉しい ♪

 

 

   

 

吸い込まれそう。 

 

 

 

 

闇夜に浮かぶ、 幻想的な くっきりと大きな月。 

  

今 外はとても寒いけれど、

今夜の月は、 時間が許す限り ずっと見ていたい美しい月。

ボーッと見ているだけで、 宇宙空間を想像し たまらなくなる そんな月。 

 

  

 

月や 星は、 宇宙は、 考えれば考えるほど  大好き。

あまり眺めすぎていると 吸い込まれそう ....   

 

 

2013年4月19日 (金)

Hi !!  

 

 

  

 

ハァ~イッ ♪  

 

「ニッ   にく~、 お肉がっ  食べたーい !!」 

 

 

ビッ ビックリした  !!

お洒落な皮のスーツケースを片手に  今日、 福岡AP  airplane  から  直行してお越し下さった。

  

北から南へ、 東から西へと 全国縦断中の和尚の友人が、 また突然に   ご登場  !!  

(年に数回、 毎度 普通にお越し下さる)

 

 

今日は関西からの空路、 視界を邪魔する雲がなく 島々と 橋まで しっかりと見えて

それはそれは 美しかったと お土産話。

「関門海峡も綺麗に見えたょ。 こんな機上から雲なく眺められる景色って 

ホント最高 だょね !!」 

盛りだくさんの旅話 (出張話) は、  聞いていて 私も楽しい ♪

 

 

いつものように 食事をしながら、 一杯 お喋りをした後は ・・・   

「まったねー !!      バァイッ !!」     

後ろ姿で 手を ブンブンと振り振り、 次の仕事へと向かわれました。

 

 

 

 

九州のJR、 数々の電車を制覇中の相方さんと また是非 西へと お越し下さ~い !