フォトアルバム
Powered by Six Apart

« サマラーテの新しい風。 | メイン | 5月の風 »

2013年4月30日 (火)

My heart was made in Japan. 

  

 

カラッとした気持ちの良い、 眩しいほどの日差しが 燦々と照りつける。

日陰に入ると 爽やかな風が頬をつたう。

  

 

聞いたことのない、 静かな音でご登場。

この日は、 Tricolore  Italiano   三色旗を  ボディに掲げて、 ピット入り   motorsportsshine

「お待ちいたしておりました  ♪」    

 

 

2013042501

 

 

「あ~ あっついっ。  水冷だけれど、 この陽気で あっついょ~ sweat01

 

  

Aprile    25    giovedì.

4月  25日  木曜日 

 

  

 

BIMOTA    YB8     記念すべき 初登場 sign01

2013042502  2013042503

 

 

ツインスパーアルミフレームに、 ヤマハ製エンジンを搭載。 

BIMOTA  シリーズの中では 比較的新しい車種と言われるけれど、 

発売されて かれこれ もう  20年が過ぎる  ...     とは思えないほどに美しい。

  

  

            2013042504

 

  

こちらの紳士、 つい先日行われた MAGNI   Meeting 実行委員長。        

Curryと ラーメンをこよなく愛し、 ラテンなる楽しいアイデアが満載な御方。 

   

shine 発起人 “ 部長 ” shine の  ひと言から始まったと聞く マーニミーティング。 

今からちょうど 3年前のゴールデンウィーク。

記念すべき、 第一回目のミーティングに 当店を選んで頂いた時には

駐車場は 真っ赤っか となり、 とても嬉しゅう 気合いが入りました ♪

あの日は 他のグループ : イタリアンなミーティングと、 SRXなミーティングという

マニアな方々で重なり合ってしまい、 店内は満員御礼 sweat01   

外カフェにて Curry 立食となってしまった  華麗なる紳士もおられた事が、 

ついこの前の事のように思い出され、 大変心苦しゅう存じます。

  

 

この日は 美しすぎるほどの  ビモータをお披露目頂き、 有り難うございました  sign01

  

  

BIMOTA  ビモータ

MAGNI マーニと同じく、 大手メーカーのエンジンを自社製のフレームに搭載するという

方法で製作したオートバイ。

ビモータの製作する車種の名前は、 原則的に 2文字のアルファベットと 

それに続く  数字からなる。   

最初のアルファベットが “ どのメーカーのエンジンを使ったか ” を表し、 

次にビモータを表す “ B ” の文字が続き、 それに続く 数字が

そのメーカーのエンジンを使って作られた “ 車種の何番目か ” を表す。

 

Title   :   

My  heart  was  made  in  Japan.

僕の心は、 日本で生まれた。

 

 

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/466441/31471967

My heart was made in Japan. を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。