フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月21日 (土)

Nin Nin ! 忍

  

 

 

It's  dressed   boutiqueshine   up !   

                         It   shines  moon3shine   in  the  night. 

 

 

2013091025

2013091026
 

 

But  ...  

To a   catheart04  cat,   It's  weak   sweat01sweat01

                                     Please  ...    Don't   paper   touch  me  ! 

 

 

 

Kawasaki   Ninja   ZX-10R 

-  Tuesday,   10   September  -  

 

 

 

 

2013年9月20日 (金)

『この店に出会えて 良かった』

 

 

湘南の青い海風 ...

Bleu  の  YAMAHA  が   久し振りに到着した   happy01

 

2013091007

2013091008

 10   mardi,   Septembre

9月  10日  火曜日

  

 

この半年間に、 つらく苦しい経験をされたと知る時間。

私も多少の経験があることから 自分にしか分からない苦しみが分かった。 

 

『今回、神奈川県に戻る(転勤)ことになった』 と 伺う。

  

 

思えば 一昨年の今頃より、 小さなタイヤの 青い自転車 に乗って

休日のランチ時に チラチラとお越しくださった。

決まって座る席は 目の前に外を見渡せる、 あの席。

決まってのオーダーは、 『ナポリタン』。

必要以外の言葉を交わすことなく、 半年後に 思い切って聞いてみた。

『もしかして ...  ライダー ?』  

 

神奈川県に置いてきたとおっしゃる TRX  850  を、 九州にもってきたらいいのに ...

語りかける。

その様子を間近で見ていた、 関東のことをよく知る TRIUMPH  TIGER  800  に乗る

紳士が  そっと  背中を押す。

 

その後すぐに、 船便で届いたばかりの TRX 850  に乗って ライダーとしてお越しくださった。

 

bicycle   オートバイを持ってくる前には、 呼子に、 七山(ななの湯)に、 唐津にと

あの小さなタイヤの自転車で ここから散策に出掛けていたという  bicycle

 

 

『九州の言葉は分からない、 だけれど  最高に楽しい ♪』 

同じ関東同士の出身でもあり、 同じ気持ちの和尚と  語り合う時間。

伊豆や箱根、 都内の気持ちいい道の話でも 毎度  盛り上がる。

  

 

PEUGEOT  307  

2013091009

2013091010

『この   が気に入って買った。 この店にもピッタリ ♪』 

知り合って あの半年間は、 ほとんど言葉を交わすことはなかったけれど 

今では笑い合って よく会話をするまでになった。

 

 

そして この日 ...

偶然にも  あの日以来に TRIUMPH  ライダーと 同じ時のタイミングとなった。   

- 私自身 ビックリしたひととき -  

 

 

『この店に出会えて、 本当に良かった』  

深呼吸をして ポツリと言ってくださった。 

 

 

  

まめまめしく ...

 

 

 

白馬から 飛騨高山へ。

日本を代表とする素晴らしい山間を走ってきたライダー。

『風味絶佳』 な お土産をくださった。 

   

 

2013091005

2013091006

  

飛騨の伝統、 日本の伝統

丁寧に手間ひまをかけた日本の技が とてもおいしかった。  

手をかけたものは 心に伝わる。

このようなお土産から 毎度、 学ぶことは多い。

 

 

 

 

風味絶佳

味が非常にすぐれているさま。 

 

 

 

 

 

Don't  Know  Why

 

 

月を眺めながら ...

 

 

ゲストが 人生 いくつになっても分からないこと多しとつぶやく。

毎日見ている 月のことも、 星のことも、 宇宙のことも ... 

 “ なぜだか分からない ” 

 

 

だから  人生、 いくつであっても おもしろいのかも  ♪ 

 

 

Norah Jones - Don't Know Why
YouTube: Norah Jones - Don't Know Why 

 

 

店内の 1000曲を越える BGMにて、 ランダムに流れています ♪ 

 

 

 

 

in HAKUBA.

  

『わっ !     おかえりなさいっ !』

 

Gentleman  が、 元気に満面の笑みで帰って来たっ !  

 

 

Tuesday,    10   September.

9月  10日  火曜日

 

 

去る 9月 7日に行われた、

 - TRIUMPH  NATIONAL  RALLY   in   HAKUBA  - 

 

 

今年で 111年の歴史  を持つ英国ブランド  ‘TRIUMPH’  を愛する

全国の人達が出会い、  同じ時を分かち合い、  笑顔をかわし、  誇りと愛着を持って

大いに楽しむイベント。

   

 

TRIUMPH  TIGER   800

2013091001

2013091002
 

 

とても楽しかった様子を  店に吹き込んでくださったひととき。 

 

 

2013091003

2013091004

 

都市から手軽に逃れて、 次の大きな冒険へと誘う  TIGER. 

気が付けば TIGER は、 さり気なくも 快適にハイウェイを旅する 

ツーリング仕様にと変貌を遂げていた。

 

 

昨年に続いて この度も、 歴史あるお土産をありがとうございました happy01

次回 お立ち寄りくださる時を楽しみにしています。 

 

 

 

 

水の花。 

 

 

- 夕暮れ -  

 

 

静かに、 大きく閉じた 蓮(ハス)の花。 

パステルカラーの空の色に照らされて、 そのさまは  視界にくっきりと うつしだされる。

絵を描いている人の邪魔をしないように ...

思わず息をひそめて 静かに座る。 

  

 

2013092010_2

2013092011_3

 

刻々と 日は落ちて。

背丈以上もある葉の間からは、 ポッカリと まん丸いお月さまが顔を出す。

とても静かで 幻想的な世界が広がる。 

  

 

今日から 彼岸の入り。 

 

 

 

 

話題溢れる。 

 

 

    diamond      2013年  8月    20日 (火)    ~    9月     8日 (日)   diamond 

 

      オートバイに乗ってご登場くださったライダー(マシン) を ご紹介  sign01

  <この間 何度もお越しくださった方々も、 一度のみの記載   pen  としています> 

 

 

HONDA    NS-1

Kawasaki   KLX  125     - その①-  

YAMAHA  TDM  850   〈初〉

BIMOTA  DB5C  1080     【ITALY】

BIMOTA  db2       【ITALY】

DUCATI  MONSTER  900    【ITALY】

Kawasaki   KLX  125     - その② -  

Kawasaki   KLX  125       - その③ -  

HONDA   MAGNA 

Aprilia    SR  50      【ITALY】    〈初〉

HONDA   XELVIS  250   <CB 1100  カラーリング>    〈初〉 

YAMAHA  YZF-R6 

Harley-Davidson   XL 1200 S    - 2001年 -   北海道の旅より帰って来た motorsports

Kawasaki   ZZR  1100-D3   

Kawasaki   KDX  125   〈初〉 

HONDA  Dio  110   〈初〉 

BMW   R 1100 R     【GERMANY】

Kawasaki   Z 1000       - 2012年 -     〈初〉 

MOTO  GUZZI   V7  Café Classic   - Diamond  white  -   【ITALY】

HONDA  GOLDWING  GL 1500  with   SIDE CAR   - 白バイ仕様 -   〈初〉 

HONDA GOLDWING     -  白バイ仕様 -

HONDA   NSR 250 R

HONDA   VTR  250   〈初〉 

HONDA  CB  250 F

SUZUKI   GSX  1300 R   HAYABUSA   〈初〉 

HONDA  NSR 250 R  SE

    

    

           

Special  Guests   sign01

 

- 華麗なる、 ネタを提供してくださった皆さん -

 

元劇団四季 女優 ・ シンガー りおさん ♪ 

FIAT   薩摩富士に仲良し親子でのキャンプのあとに ...

Go !  Go !    Kyaks !

SUZUKI  ALTO    営業本部長  “ エイちゃん仕様 ”

Volkswagen  Beetle  TYPE-1  BAJA  BUG   -  1972 - 山本かんばん店

軽トラック   唐津の情熱的な Spanish ♪

HYOD  Fukuoka   STAFF 食事会 !

大相撲を愛する皆さん ! 

MATSUDA Autozam  AZ-1 

B’Z  LIVE  前後に ♪ 

 

 

 

はじめてお越しくださった方も ♪ 久し振りにお越しくださった方も ♪

盛りだくさんの話題をありがとうございました sign01 

 

 

    

 

速い翼

  

青空 のなか、 豊かな香りを放つ緑の森  を駆けぬけてきた “ 隼 ” がとまった。

   

 

2013090838

2013090839
 

 

Sunday,    8    Sep.     

 

SUZUKI   GSX  1300 R      隼 HAYABUSA       初のピット・イン motorsportsshine 

2013090840

2013090841

久留米の方角より 飛んでいらっしゃった。 

 

格好良い雰囲気をもつ  お洒落な おふたり  !  

嬉しい事にブログをみつけてお越しくださった。 

タンデムの姿勢がとても印象的な それは美しい出発でした。 

  

 

鳥類 : 小型の猛禽類である “ ハヤブサ ”  は、 300km/h以上の速度で飛ぶことが

できることから、  最高速度 300km/hを超える性能を持って  君臨するようにと

名づけられたオートバイ。

最初期のモデルは スピードメーターの目盛が  350km/hまで刻まれていたという。

 

速い翼   →  隼 

 

 

 

2013年9月19日 (木)

月を眺めて 

 

 

 

本日、  “ 中秋の名月 ” 

 

旧暦の 8月15日。  十五夜。  満月。

ちょうど満月となった瞬間の時刻は、 午後  8時  13分。

この 満月の瞬間の時刻は   全国どこでも同じと聞いた。

日本付近は  大きな移動性の高気圧にすっぽりと覆われて、 

広い範囲で眺めることができたという。  

 

  

美しい月を眺めては つい歌ってしまう歌を   ...  1曲 ♪ 

 

 

 

fullmoon shine   炭坑節  fullmoonshine

 

香春岳から 見下ろせば 伊田のたてこうが 真正面
12時下がりの サマちゃんが ケージにもたれて 思案顔
サノヨイヨイ

 

ひとやま ふたやま みやま越え 奥に咲いたる 八重つばき
なんぼ色よく 咲いたとて サマちゃんが 通わにゃ 仇(あだ)の花
サノヨイヨイ 

 

月が出た出た 月が出た 三井炭坑の 上に出た
あんまり煙突が 高いので さぞやお月さん 煙たかろ
サノヨイヨイ

 

格子窓から 月がさす サマちゃんの寝顔の 愛らしさ
はずした枕を すけさしょか 思案なかばに 明けの鐘
サノヨイヨイ

 

 

炭都 田川。

お月さんを煙たがらせたと聞く、 二本の煙突。

炭坑節発祥の地で知られる、 福岡県田川市。

日本全国の盆踊りでは 必ずと言っていいほど流れる親しまれた民謡。 

子供の頃から  祭りの太鼓櫓で、 この曲に合わせて大太鼓を叩く機会が

なぜか たびたびあったけれど ...

“ 炭坑節 ”  のリズム、  簡単そうに聞こえて ちゃんと叩くには  実はとっても難しい。

ところどころで  一­拍少ない小節があるので、  何度  叩いても   『ん ?』   と 

思ってしまうのだ。

 

 

 

掘って掘って、 また掘って、
担いで担いで、 眺めて眺めて、
押して押して、 開いて
チョチョンがチョン。
 

 

  

 

子供の頃  ... 

“ あんな風に美しく踊りたい ”  と、 (お手本の踊りとなる) 内側の輪にて 

浴衣を着た 指先まで美しく踊るご婦人について回って踊った、 あの記憶。 
 

 

 

 

てくてく歩き。 

 

  

 

もう随分前から いつも通っていたのに 

車でも、 自転車でも。 

 

 

歩いてみて shoeshoe  初めて気付くことは多い。 

 

 

大きな鯉が気持ち良さそうに泳ぐ。

眺めていたら ...

亀が手足をバタバタ 泳ぎながら、  そばに寄ってきた。

 

 

2013091301

2013091302

 

しゃがんで 見ていると  ...

あっちからも、 向こうからも、 続々と  亀が手足をバタバタ  やってきた。

 

“ こんなに亀がいたんだ ” 

この水辺で休む 野鳥の種類の多さには いつも驚いていたけれど 

どうやら もっともっと多くの生物が棲息している様子。 

 

 

いつの間にか ...  

横には 同じように亀を眺めるギャラリーができていた。

 

 

 

maple この秋 sign01 歩いてみて 初めて気付くこと  maple