フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月25日 (金)

対話。

 

  

 

若かりしき 昔は、 よく乗っていたと聞く 自転車。 

パーツに拘り、 作り上げた、 世界に 1台だけの、 自分だけの自転車を持っていらっしゃる方は

多くを語らない、 日頃 見せびらかさないだけで   実は意外にも多いと 

この店を始めてから気が付く。

 

 

そんな素晴らしい自転車を今では 大事に保管、  昔を思い出し 気になりながらも

眺めていた自転車に、 もう一度 乗ってみよう  !    と  この店を目標地点にして

たびたび乗っていらしてくださることは とても嬉しい ♪

 

NAMBEI    

2013101422

2013101423   

 

- 夕暮れ時 -

自転車好きなゲストの方々と、 ひとつひとつのパーツを思わず眺めるひととき。  

 

 

2013101424

2013101425
 

 

軽やかに走る姿は、 動かしてもらった自転車も  きっと喜んでいる ♪

また 自転車と対話するように  ...  

大切な自転車と共に、 お忍びでご登場くださ~い  happy01  

 

 

 

NAMBEI    南米商会

- 知る人ぞ 知る、 藤崎〈早良区〉/福岡市にあるスポーツサイクル専門店 -

 

 

 

 

九州の東から、 西へと

 

 

 

ちょうど駐車場へと出た時に、 初めて見るマシンが到着した。 

  

 

『ひとりですけど、 いいですか ?』

『どうぞ どうぞ   happy01

 

 

HONDA  CB 1300   Super Four   初のピット入り motorsportsshine 

2013101419

2013101420  

嬉しいことに、  佐伯(さいき)市/大分県から ご登場くださった sign01 

  

 

2013101421

「いつもブログを見ていますっ !」    ビックリする言葉に、 ドキッ  sweat01

「こんな風に撮っていらっしゃったんですね !」    何だか、 恥ずかしかった  sweat01sweat01

 

いつの間にか、 マシンを取り囲むように 居合わせたライダーが集まっている。

 

「マシンは  まだ、 納得していないんです」 との言葉が印象的。 

きっと この店にいらっしゃるゲストのニホヒを嗅ぎつけて お越しくださったのだと思う。 

「ここに集う  ヘ × タイ の仲間に入れたら ...  と思って ! 」   

 

 

ご出発は、 厨房が忙しくなった私の代わりに ゲストの皆さんが手を振って見送ってくださった。

 

この度は、 九州の東から西へ西へと訪ねて来てくださって 本当にありがとうございました。

また  お会いしましょう  ♪ 

 

 

 

佐伯藩の城下町 “ 佐伯(さいき)市 ”   大分県 

 

九州本土最東端に位置する市で、 九州の市町村の中で  最大の面積を誇る市。 

TVでの天気予報の際にはお馴染みの  “ 豊後(ぶんご)水道 ” に面しており、

日本有数のリアス式海岸地帯が広がっていることで知られる。

豊富な海の幸と 山の幸に恵まれた土地柄、  太平洋を望む大パノラマを快走しにと

福岡県から日帰りツーリングに訪れるライダーは多い。

宮崎県との県境近くにある、 轟(ととろ) バス停 【大分バス】  は有名。  

もう随分前に両親と車に乗って宮崎県へと向かう途中に、 たまたま通りかかった

県道6号線上のバス停に  “ トトロ ” が立っていて ビックリした記憶がある。 

 

 

 

テクテク、 時々 ジョグで

 

 

 

スプリットの時間は、 用事で天神へ。 

つい勢いあまって歩いて出てきてしまったけれど、 雨は心配なさそう。 

  

Walk01

Walk02 

 

- 新旧のデパートが入り交じる 福岡の中心地、  天神より - 

 

 

 

気持ち

 

 

 

先月  熊本県から、

友人のお見舞いにと病院へ行く前に 店に立ち寄ってくださったゲストがいた。

居合わせたゲストの皆さんは、 病院の駐車場の位置を(駐車できる車のサイズまで)

それぞれの体験を元に 情報を伝えてくださった。 

 

 

Lundi,   14  octobre

10月  14日   月曜日   -  祝日  -

 

Au  temps  du  café

clover カフェの時間に clover

 

 

この時、 入院先から 初めての外泊許可を得て、 初登場してくださったゲスト。

その入院中のゲストが 店にお越しくださった。 

しっかりと歩いて店に到着された瞬間は、 店内がどよめき、 拍手も聞こえた shine

 

2013101416_3

 

店内と  外カフェを行ったり来たりのバタバタで、 何が起きているのかは分からなかったけれど

あとで ゆっくりとお話を伺い、 その早い治癒力と、 強い気持ちに驚いた。    

 

 

『今度は リハビリを兼ねて、 自転車で bicycle  登場するね ! 』   

 

 

にっこにこの笑顔で、 居合わせたゲストの皆さんと見送る店へ向かって 

手を振り振り、 しっかりと歩き ご自宅へ向けて出発されました。 

 

この店には 日頃、 大怪我や大病を経験されている方も 多くお越しくださっている。 

たまたま居合わせたゲストの皆さんと、  貴重な体験や 苦しい思いを伺いながら、

じっくりと考えることもある。

  

 

「また 絶対に元気になってみせる !」  

 

 

そんな強い気持ちから、 医師も驚くほどの早い回復をされている方は 多い。  

ここで励まされることは 多い。

 

  

“ 健康であることは、 最高の贅沢 ” 

つい忘れがちになるたびに、 気づかされる日々。

 

 

 

 

冬も快適に  

 

 

  

- どっしりと安定感のある大きなオートバイが入って来た、 体育の日 - 

 

 

Kawasaki   1400  GTR      

2013101417

2013101418 
 

熊本県より、 この日もレーシングスーツでのご登場 sign01  

居合わせたライダーの皆さんが くまモンGTR を取り囲み、 談笑の輪が広がったひととき。

「このナックルガードがね  ...  いいんょ ♪」 

ロングツーリングにはもってこいのGTR、  ライダー同士の情報交換が 笑顔で飛び交う。 

 

 

 

ナックルガード 

 

オートバイのハンドルバーに取り付けられる。  いろいろな形状がある。 

手を守るため、 冬の寒い風をよけるための風よけプレート。

オフロード車では、 林道での 木々から伸びた枝などのブッシュから手を守り、 

ロードタイプでは、 冷たい風で悴む手を守るために装着するライダーは増えている。

ナックルガードがあるのと ないのとでは、 バイクに乗っていられる時間も変わってくると聞く。

 

   

 

それぞれ ... 思い思いに ...

 

 

 

熊本県より、 くまもとサプライズ特命全権大使が  この日も  二マッ とご登場 sign01 

2013101411

2013101412 

 

“ 熊本で毎日 美味しいもんを食べていると、 キバが  ポロッと取れたモンッ ” 

くまモンなる姿で、 先日 ママチャリレースに参戦した女性ライダーと 

ここで ニンマリ初対面 ♪

あちらこちらのイベントやサーキットにと、 大忙しのこちらの “ くまモン ” とは 又、

きっと 何処かでバッタリ再会すると思います。

 

 

2013101413

2013101414  

ボディのアクセントに ...  BLUE のお色直し  ♪      足下では  くまモンとケンケンが仲良く隠れんぼ ♪                                                                                        「くまモ~ン、 こっちだょ~ !」

 

2013101415_2

 

この日は ご子息と、 初タンデムでお越しくださったライダー。

青空の下、  外カフェでは “ え ?    こんなところでも ? ”   と 手記には掲載されない

ポイントである精密な作業を 黙々とこなしている。 

また 貴重なお仕事振りを コッソリと見せてください happy01 

 

 

 
clover  それぞれの体育の日。  思い思いにご登場いただいた体育の日  clover

 

 

 

 

個性が満載 ♪   - 訂正済み -


  

 

佐賀市より ...

1台 1台 マニアックなマシンに乗る皆さんが ご登場 sign01

ツーリングの途中に、  嬉しい事にランチに立ち寄ってくださった。 

 

 

Monday,   14   October

10月  14日 (月)  体育の日

  

 

TRIUMPH  SPRINT  ST  1050      初のピット入り shinemotorsports

2013101401

2013101402  

以前、 代車ではあったが  和尚も乗ったことがあると言うマシン。

低回転から高回転まで扱いやすいエンジン。

 

 

DUCATI  400 SS       初のピット motorsportsshine 

2013101403

2013101404 

スーパースポーツ・ツインの入門車として、 当時 最適なマシンだったと記憶。 

懐かしく楽しい思いが蘇るマシン。

  

 

MOTO GUZZI   V11  SPORT   〈NORMAL〉    初のピット入り shinemotorsports

2013101405

2013101406  

 

グッツィな紳士の初登場。 

この時、 和尚の V11 SPORT がドック入りしていなかったら、 ツーショット写真を撮る事ができた。  

まだまだ近くにも GUZZI 好きなライダーがいらっしゃることを確信した ひととき ♪

 

 

HONDA  VT 250 F     初のピット入り motorsportsshine 

2013101407

2013101408 

 

居合わせたゲストが  思わずマシンに駆け寄るほど、 懐かしさ満載のオートバイ。

「中型免許を取得した頃、 初めて乗ったオートバイが  この “ 初期型 ”  だった !」 と。

ホンダ傑作の V型 2気筒 250c.c.      

当時、 1番人気を誇った。

 

 

HONDA CB 400   Super Four    - 1996 -  

2013101409

2013101410_3 
 

福岡市より合流 ♪  格好良く 楽しい女性ライダー !

窓の向こうには 色とりどりのマシンが鎮座、 店内は  華やいだテーブル席に  clover 

 

個性溢れる楽しき良き時代のマシンを、 美しく 大事に、 そして 楽しく乗りこなす。

 

 

- ジャパニーズ ・ クオリティ  佐賀県 - 

 

羨むほどの自然豊かな山々を、  穏やかで美しき宝庫 海岸線を、

どこまでも続く 広い青空の下を、 自身の気持ち良いペースで 走る  !

きっと オートバイも、 オーナーさんも、 

楽し~い  ♪ と叫んでいるはず。  

  

 

また いつでもご登場ください。

お会いできますことを楽しみに、 お待ちいたしております。 

 

 

 

back view  後ろ姿  

  

 

 

自転車好きな  “ チャリダー ”   と、 

「漢」 と書いて  「おとこ」  と読む、  漢【おとこ】 Kawasaki  ライダーとの後ろ姿 ♪

 

 

- 当店では  日頃、 このようなツーショットも見ることがあります  -

 

Back_view

 

自然体がキマッタ、 その姿。 

 

“ 男は、 背中でものをいう  ”    

そんなことを思う、 大きな背中でした happy01

 

 

 

2013年10月24日 (木)

Make it to Ride - HYOD FUKUOKA -

 

 

上空を、 離陸したばかりの飛行機が  勢い良く飛んでいく。 

ここは、 福岡空港/国際線ターミナルの敷地に近いポイント。 

 

Hyodfukuoka1

Hyodfukuoka2

 

月隈JCT(ジャンクション)に ほど近い、 国道3号線沿いに その 噂の店 はある。

- HYOD  ヒョード -  

 

Hyodfukuoka3

Hyodfukuoka4 

Hyodfukuoka5

Hyodfukuoka6 

 

店内のあちらこちらには、 手書きで丁寧に 分かりやすく案内された文字に 

ホッと温かさを感じる。 (福岡の老舗  : ファミリーユサ 店内でも感じたこと)

 

Hyodfukuoka7

Hyodfukuoka8    

 

店長 : Yamaran  は、 自ら  迅速にオーダーの裾上げを仕上げていた。 

ファストサービスと アフターフォローの実現を目の前で見たひととき。

  

Hyodfukuoka9

Hyodfukuoka10

 

ベタベタしない接客。 

でも、  痒いところに手が届くような  そんな さり気ない気遣いの接客。 

(根強いファンが多い  :  Max Fritz-Fukuoka  店内でも感じたこと) 

 

 

サービスを提供する側と  反対に提供を受ける側の双方の立場にたって考える。

それもできるだけ客観的な見方ができなければいけない。    - HYOD  Concept -

 

 

同業でなくても、 サービスを提供する立場として

“ ゲストが 心地良い空間に ”    

刺激を受け、 感じることは多く、 こちらでも勉強させていただいたひとときでした。 

 

 

 

 

万年筆の懐かしさ

 

むか~し、 昔のお話で。

 

お菓子づくりが苦手な私に、 お菓子作りに  料理が大好きな母が教えてくれた

万年筆での手書きのレシピ集。 

そのなかにお菓子のレシピは ひとつだけ。 

 

- カスタードプディング - 

しっかりとした殻の卵を割り、 卵黄と白身の鮮度を  目でも確かめながら作る。 

カラメルを苦めに作り、 かけると ...   甘さと  ほろ苦さが絶妙な味となる。 

 

ここで普通に作っていることだけれど、 男性からも 女性からも

カスタードプディングをお出しするたびに毎回、 嬉しい声をかけられる。 

 

「懐かしい味  !  母が作っていた味がする」

「このプリンが大好き !」  

 

日頃 “ 特別のオーダーを ” と、 個々に注文が入ることは多く

ちょっと驚いている。 

 

飾らない、 素材の分かる昔ながらの優しい美味しさ。

あの頃、 こんなに作ることになるとは思いもしていなかった。

 

いつも嬉しい声をいただき、 ありがとうございます  confident