フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

ココロの奥底に。

 

 

 

ここ最近、 何故か ゲストによく聞かれる。 

「これ、 知ってる ?」  と。 

場所は、 Aeroparque Metropolitano Jorge Newbery/ブエノスアイレス ・ アルゼンチン

旅行中のホルヘ・ニューベリー空港で立ち往生する場面。

気象により フライト・スケジュールが大幅に乱れており、 その日 欠航や遅延が

相次いでいた。

彼女と同じく、 飛行機を待っていた客らは苛立ち、 窓口などで抗議を始めた。

見かねた シンディ ・ ローパーは、アナウンスのマイクを奪うと、歌い始めた。

歌ったのは、 彼女をスターダムに押し上げ、 世界的ヒットとなった 「Girls Just Want to Have Fun」。

突然のライブに、イライラしていた乗客も空港関係者も大喜び。

スーパー・スターの歌声に魅了され、 騒ぎは収束。

 

 

Cyndi Lauper Aeroparque Buenos Aires
YouTube: Cyndi Lauper Aeroparque Buenos Aires

 

 

一見、 マスコミがあげた技とも見られる。 

 

でも、 もう20年以上も昔のこと。 

1989年 ♪ A Night To Remember Tour ♪ シンディ ・ ローパー 福岡公演

毎年公演に行っているという、 大ファンの糸島在住 : 友人に連れ出され出掛けた。

 

初めての大スター、 シンディ ・ ローパーの会場にドキドキ。

でも ...

大スターを目の前にして、 申し訳ないほどに 観客はパラパラだった。

そこで、 シンディが言った。 

「みんな !    もっと前に来て !    もっと !   もっと !     ひとりひとり 顔を見せて。 

今日は 歌よりも ゆっくり話しましょう !」 

舞台に座り込み 足をぶらんとさせ、 観客席を見渡す その声に驚きながら、 

私達も前に出た。

 

前から 3列目にいた私は ...

ふと ...

シンディ・ローパーと 目が合った。

「あ !     あなた !    昨日、 天神コアで会ったよね  !」  

え ?  だっ 誰 ?   

私 ?  

咄嗟に 自分を指さすと、 シンディは ニッコリ !  

「昨日は声を掛けてくれて、 嬉しかったよ !」  と 日本語で言ってくださった。  

 

前日、 別の友人達と天神コアのエスカレーターを降りる頃に スタッフに囲まれ 移動をしている

シンディ・ローパ-とバッタリ。

   

すぐに声を掛けて、 ワイワイと 盛り上がった。

 

だけれど、 そんなことを覚えてくださっていたなんて思ってもいなかった。 

そんな些細なことが 支持されている大きなことなんだと思った。 

 

ココロの奥底にしまっていることを、思い出させてくださった。

 

 

 

 

 

 

 

2014年1月30日 (木)

あせらず、 いっぽ 一歩

 

 

 

気持ちが滅入ったり、 何故だか 気分がのらなかったり。

自宅に こもりがちになったり。 

 

 

ちょっとだけ ...  

外を歩いて 大きく深呼吸をしてみませんか。 

Fukuokajanuary1

Fukuokajanuary2

 

誰かに話してみませんか。

 

フェイス トゥ  フェイス/顔 と 顔   で  温かみのある会話 を ♪ 

 

 

 

 

住むように、 歩く旅。

 

 

- 今回は住むように、 “1都市” を じっくりと自分の足で歩いて

                        ほんの小さなことにも気づいてみたい -  

  

 

お誕生日にひとり、  Roma/ITALY  へと飛んだ女性ゲストが

年が明けて元気に帰ってきた !

数日後には、  再び ひとりでジェットフォイルに乗り、 釜山/大韓民国へ。 

 

同時進行で独学をしている各国の日常会話、 仕事で使っているさまざまな言語を

実践して現地で使う。

 

“ ひとり旅 ” 

スポンジのように 現地で新たに吸収した幅広い情報や言葉などを 

たびたび店に吹き込んでくださっている。

 

 

女性目線で、 そして 日本と各国の文化の違い、 考え方の違いなどを

たびたび談義する。 

ちょっとした小さなことでも 思い出したら、 また教えてください ! 

 

Romeitaly

Pusankorea

     

相方さんより このたび詳しく、 袋裏面のつくり方を通訳していただきました。

現地からのお土産は、 日本に流通しているものと違って やっぱり 辛い sweat01 

 

 

 

- ガーリック ・ バゲット -

 

 

“ お皿に残った  お肉のソースや、 スパゲティのたっぷりのソースを

最後まで楽しみたいから ” 

“ ビールにも合うように作って !  ” 

“ 小腹が空いた時に、 コーヒーのお供にも出来るような ” 

 

 

- ガーリック ・ バゲット -

Pain  

 

皆さんのリクエストにより、 登場  !   

求めていた “ 味 ” は 共通するようです。  

 

外側はカリッと !     熱々を お楽しみください。 

 

 

 

会話の距離感。

 

  

 

clover  私達は、 ゲストの皆さんの時間を大切にします  clover

 

Triumphopen
 

 

スマートフォンを見つめたり、  静かに本を読んだり、 音楽を聴いたり

テーブル席で ご友人と会話が弾んでいたり ... 

そんなゲストの皆さんには、 こちらからは必要以上の声掛けはいたしません。

 

 

「静」 と 「動」 

ゲストの皆さんに合わせて、 どちらも大切にしています。  

 

 

初めてお越しくださった方のなかでは、  おひとりでも お仲間でも 

日常 厨房へ声を掛けていただくことは多く、 私達は会話をしても大丈夫かなと

キャッチしています。

そこからみるみる広がり、 共通する部分が見つかり  繋がっています。 

 

 

ブログを読んでいて、 何か ピンッ flair  ときて  ...

初めてお越しくださる皆さん。 

店主は “ コワモテ ” ですが、 お気軽に声を掛けてみてください。 

 

 

  

 

Ciao ! チャオ !

 

 

Buon  Giorno !   ブォン・ジョルノ ! 

こんにちは  !

2014011301
気持ち良く晴れた この日、 1番ノリで  店内へ。 

 

Come  Va ?    コメ・ヴァ ?     

元気 ? 

    -    Bene,  Grazie.    ベーネ,   グラッツィエ   

調子いいよ  !    あんがとさん  

 

DUCATI   MONSTER   S4    

2014011302_2

2014011303

Vorrei  mangiare  !   ヴォッレ-イ・マンジャ-レ !

お腹が空いた~ ! 

  

 

 

日差しは暖かく、 ゆったりとお喋り弾む休日のスタート。 

気持ち良さそうなマシンから、 調子の良い声が聞こえてきました happy01 

           

 

 

                                                

2014年1月29日 (水)

Future 未来の

 

 

 

- FUKUOKA  MOTOR  SHOW  2014 - 

 

私が ワクワクしたものは、  コチラでした !  

 

 

“ Wildfire  Truck ”                           

林野火災用消防車                                        大きな小僧さんが、 技術革新の仕組みを分かりやすく !   

2014012701

2014012704

オペレーションデッキ内には驚き !                燃料電池の実用性は  もう近いのかな。         

  

 

“ TOYOTA  FV2 ” 

「カラダとココロが 直感で通じ合えるクルマ」            そして、 夢のドア sign01

2014012702

2014012703_2

 

ドライバーの体重移動で風のように走るクルマ。          “ どこでもドア ” にテンション上がる  ! 

 

 

このたび、 機会を与えてくださったお陰で

福岡のモーターショーへ、 初めて出掛けることができました。 

“ どこでもドア ” で、 未来を ちょっと覗くことができたことに  御礼を申し上げます。

 

 

 

 

2014年1月28日 (火)

友の会 ♪

 

 

 

栃木県からの “ 声 ” が、 唐津市/佐賀県へと飛んだ。 

そして 福岡の姪の浜へと。

日頃 当店で提供している Pain  perdu  フレンチ・トースト  を愛してくださる皆さんが 

嬉しいことに 広範囲より お集まりくださった ! 

 

2014011209

2014011210
国産初のクーペカブリオレ NISSAN  SILVIA  Varietta  に乗って

優雅にご登場くださった  “ 通 ”な  紳士 & 淑女も !  

 

Dimanche,   12  janvier 

1月  12日  日曜日

 

そう ♪  

この日は  栃木県から、佐賀県から、 2つの“ おめでたい知らせ ”を吹き込んでくださった。 

 

2014011211

2014011212
くす玉のサプライズに、 場内は盛り上がる ♪  

   

 

YAMAHA  Virago      初のピット入り motorsportsshine

2014011213

2014011214                  

diamond 成人。  眩しすぎる女性ライダー ♪

  

 

SUZUKI  GSX-R1000                   HONDA  CB 400  Super Four  Version Ⅲ

2014011215

2014011216
初のピット入り motorsportsshine                                        初のピット入り motorsportsshine

 

 

Kawasaki  Ninja  ZX-12R                            Kawasaki  ZZR 1400    

2014011217_2

2014011218
日本列島 北部のライダーと、 西部のライダーの交流でもあった日。

“ こんな風に ”  と希望を吹き込んでいただく宴に、 厨房も力を入れ 張り切り

一緒に楽しませていただくひととき。 

 

2014011219
 

宴では ゲストの皆さんの、 笑い溢れるお人柄が分かります。 

いろいろな企画を立ててくださり、 また 大切なお仲間を私達にもご紹介くださり 

ありがとうございます。 

 

clover 門出を祝う場に clover 

20歳 おめでとうございます !  

記念の一年、 一日一日のこの時間を大切に。 

ご婚約おめでとうございます ! 

九州という土地は、 可能性や 小さな心の楽しみに気づかせてくれるところでもあります。

また  いつでも帰ってきてください。 

 

 

 

 

スタンディングオベーション !

 

 

 

年に一度の健康診断。 

+ がん検診。 

 

会社勤めの時には、勤務中に皆で流れるように  ワイワイ受診していた。

新米の自営になってからは、周りが気にしてくださり 「受診するように」  と

たびたび 声をかけられる。

自営は外から見ると “自由人” のように考えられてしまうけれど、

全て自分自身で行動をしていろいろなことに気がつかないと 発見や 物事の流れに

遅れてしまう危険性を伴う。

毎年 忙しさにかまけて、健診も検診も受けない人は多いと聞く。

 

 

clover  胃がん検診 clover

ドアの向こうの絶妙なタイミングを見計らい、 “ 白い謎の液体 ” バリウムを

ゲップを出させないように  テキパキと飲ませる看護士と、

まるで  無重力の訓練でもするような装置を見下ろし、

時間勝負で声かけと操作を機敏に行うレントゲン技師。 

 

- 二人のチームプレーは、 とても大切と聞く -

 

ゲップが出そうになるのを我慢して、ドキドキしながら無重力の実験台へと上がる。

終始、 動きの指示をとっても分かり易く、 そして  楽しませるように

声をかけてくださったことに驚いた。 

“ 頭ごなしに指示をするのではなく、 自分がその立場になったらこう言われた方が

気持ちがリラックスして立ち回れるかな ” という考え。

お腹の中から這い上がってくる炭酸のことなど、 すっかり忘れてしまっていた。

「ハイ、 これで終了です」 

ガラスの向こうで  ニッコリ笑うレントゲン技師へ、  思わず  拍手を送る。 

「今まで受けた胃カメラ検診のなかでも、 今回は とても楽しかったです」 の私の声に 

「ありがとうございます !    うわぁ、そう言っていただけるなんて嬉しいですね !」   

  

 

いつもいつもしている仕事。

単なる流れ作業だけでは、 相手も自分もつまらない。

ちょっとしたアイデアで、 気分は変わり 仕事もはかどることがある。    

ほんの数分の間に、  なんだか そう教わったような気がした。 

   

 

Title :

スタンディングオベーション Standing ovation. 

観客が立ち上がって拍手を送ること。

素晴らしい演奏や演技、プレーに感動した観客による最大限の賛辞。 

 

   

 

2014年1月25日 (土)

本場仕込み 

 

 

 

- テーブル席で、 たびたび  楽しそうなイタリア語が飛び交う -  

 

お酒を楽しみながら、 時折  厨房へとオーダーが入る。  

「ネギは 一切、  絶対に  入れないで  !」  と。 

イタリア語で、 それはそれは とても  強い言葉  で。 

     

Ducati
 

Roma/Repubblica  Italiana 

イタリア共和国から、 新年に帰国した相方さんのお土産で 

今冬はすっかりと  DUCATI な人 に変身 ! 

 

でも夏には   Freddie  フレディ なる姿で

バックミュージック We  Will  Rock  You  ♪   と共に  力強く

ご登場くださるのも楽しみのひとつである。 

 

髭も 実は ...  本場仕込み !