フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月25日 (火)

誇り。

 

 

 

いつもなら定休日の月曜日。 

この日一番に、 初めて見るオートバイがとまった。

「こんにちは~ sign01」     

 

ライダーはお越しくださったことがある ! 

だけれど、 マシンが違う !  

「ひょっとして ...」 という私に 

「半年以上来ていないのに、 よく覚えていますね。 ニヤリッ」  と オーナーさん。 

   

 

HONDA  CB 400   SUPER  FOUR   SPEC Ⅲ   初のピット入り shine

2014021003

2014021004

  

「やっと 休みがとれて、 今日は ここに来るのを目的にしていました !」

 

- 他にゲストがいない、 静かな時間 - 

そんなスポット的な時間(とき)は、 そのゲストのためだけの時間  だと考える。 

誰にも気兼ねをすることなく、 じっくりと思うままに会話をすすめていくうちに

オーナーさんが 宮崎県出身だということを、 この日 初めて知った。

 

 

2014021001

2014021002

 

すかさず、 コアな話で盛り上がる。

地元に住んでいないと知らない、子供時代のヒミツ基地の話題で花が咲く。

懐かしさについ ...

校歌をアカペラで歌ってしまいそうになる勢いだった sweat01 

 

「観光の目で見ることなく、 宮崎県の良いところを改めて気づかせてくれて

今日ここへ来て 本当に良かった。  今すぐにでも、宮崎に帰りたくなりました」 と 

おっしゃっていただいたことが印象に残った。 

 

 

自分の故郷を もっと誇りに sign01  

当店には 全国より、 そんな都道府県の大使(ゲスト) に  ご登場いただいています。

 

 

故郷の話がしたくなったら いつでもご登場ください  happy01 

次回は、 南国ならではの学校生活の話でもしましょう !    

 

 

 

2014年2月24日 (月)

“素” の笑顔で

 

 

 

時々、 気がつくと 鼻歌を歌っている自分がいる。 

“島唄” が多いことに気がついた。 

 

THE BOOM  島唄 PV 20周年記念 ver
YouTube: THE BOOM 島唄 PV 20周年記念 ver 

 

 

せっかく  スローフードな九州にいる今、 

もっともっと ...

スローな気持ちになって、 スローな考えをもたなきゃいけないと 今日も反省。  

 

 

 

 

 

ブツブツ交換。 

 

 

 

共通の “好きなこと”   を通じて、 知り合う。 

 

 

人生経験の年輪を多く、深く、積みかさねれば重ねるほど

upwardright  意味 : 要するに ...  年をとるほどに 】

ちょっとしたほんの小さなことから、 思わぬ 大きな広い世界へと繋がっていく楽しさがある。

  

- 誰にでも平等に与えられている、 人生においての楽しみなのだと考える -

 

「さて ...

どこかで気兼ねなく、 静かにゆっくりと  そんなコアな話ができる場所はないかな。 

できることなら、 店のスタッフをも味方につけられると 更に居心地がイイんだけれど」

 

 

考えてみると、 ひと昔前は、 そんな場所はたくさんあった。

 

お気に入りの行きつけの店があり、 そこに行けば 自分の好みを覚えていてくれる人がいる。

毎度いちいち説明をしなくても、 「ツー」 と言えば  「カー」 と、

「あ・うん」 の呼吸で かゆいところに手が届く答えを出してくれる

どんな話であっても親身になって、 時には一緒になって心から楽しんで聞いてくれる。 

あとを引きづることはなく、 サラッとした気持ちの良い関係を築いてくれる。 

話しているからこそ出来る、 信頼関係 !  

しっかりと 守秘義務をもって、 余計なことをペラペラと  おもしろ可笑しく他に流したりはしない。

裏表のないスタッフの動き。

素直な自分に戻れる時間(とき)。

そして ・・・ 

店全体が、 その時の 空気をよんでくれている。

 

 

いつの頃からか どこの街中にもチェーン店が増え、 連日 不特定多数のお客さんを相手に

店のスタッフはマニュアルに従って機械的に動き回ることを自然に求められ、

人情味溢れる気持ちをもつことが少なくなってしまった。  

 

 

「表通りから一本入った、 あの店へ !」

「あそこなら、話せるね ♪」  

 

   

そんな思いをもつ方が 当店を探し出してご登場くださっている。

 

  

日常 そんな思いをもってゲストがお越しくださる店であるからこそ、

その方の “おひとりの時間”、  その方の “お仲間との時間” を大切にしている。 

そのため、 不特定多数の方を受け入れることは難しい ...

だからこそ 時には  とても珍しい乗り物をもつオーナーさんが  そして 

マニアックな話題をもつ楽しい皆さんが 引き寄せられている  

いつも静かな時間(とき)が流れる店 なのです。 

 

 

当店のそんな気持ちをよく分かり、 もう何度もお越しくださっている方は 御存知のとおりに 

“他店とは全く違って、 混み合うことがない店” ということを どうぞご理解ください。 

 

 

 

こころと こころの ブツブツ交換 ♪ 

 

    

 

 

2014年2月22日 (土)

最大な箱。

  

 

 

 

Amazon : アマゾンなる 「箱」 が、 ど~んっ と届いた ! 

営業本部長より直々に両手で受け取り、 その ズッシリとした重さ に驚いた。 

 

『さ、 さすが アマゾン(世界最大) !』  

   

 

レモンと言えば ...

フランスの風光明媚な保養地 Côte d'Azur  コート ・ ダジュールにある 小さな町、

Menton マントン。 

この小さな町は、 レモンの町として知られている.

町を散歩すると、 家の敷地内には必ずといっていいほど 立派なレモンの木があり、 

毎年この 2月には世界的に有名な “ レモン祭り ” がおこなわれ、 町中が活気に溢れる。   

 

いやいや ...   

そんなフランス・レモンに負けない、 “貴重なる国産レモン” が 

日本の風光明媚な  唐津市/佐賀県のレモン畑より、  このたび  

産地直送でフレッシュ  にご登場 !  

 

2014020905

2014020906

 

箱を開けて 更にビックリ !  

甘酸っぱい  レモンのみずみずしい香りが厨房いっぱいに広がった。  

無農薬のレモンは、恐らく 150個は超えるだろう ピッチピチ shine に入っていた。

 

 

早速、 女性ゲストを中心に お帰り際にお配りする。

 

“レモンジャムを作ろう !”

“レモネードを作ったょ ♪” 

“レモンケーキを作ってみました”

“レモンスカッシュ美味しかった” 

“南蛮漬けが美味しくできました” 

“部活を思い出して、 レモンとハチミツを合わせたものを作ったょ”

 

毎日、 多くの嬉しい言葉がかえってきました。 

 

 

活気溢れる女性の皆さんを代表いたしまして ... 

部長 !   

“ 身体が喜ぶ、 風邪を吹き飛ばすプレゼントを どうもありがとうございました ♪ ”

    

 

風光明媚 (ふうこうめいび)

自然の眺めが清らかで美しいこと。 また、そのさま。

「風光」 は 自然の眺め・景色。

「明媚」 は 清らかで美しいさま。 

 

 

 

anniversary  記念日 

 

 

 

- 雨降るなかを、 初めて見る 1台のオートバイが到着した - 

 

 

もしかすると世間一般には 「雨が降っているのに、 何で あえてオートバイに乗って ?」 

なんて  思う人がいるのかもしれない。 

その人、その人には、 この世に同じものはふたつとない ...

人生のストーリー(物語) がある。

「何が 普通で、 何は おかしいでしょ !」   私は そんな凝り固まった見解はしない。

人生に 同じことは二度とない ...

その瞬間、 その時を大切にしようと心掛けている。 

 

  

Sunday,   9   February 

2月   9日   日曜日

 

SUZUKI   GSR 750       初のピット入り motorsportsshine 

2014020901

2014020902

なんと !     納車直後に、 お越しくださった。 

“ 一番に、 お披露目に この店へ ! ”  

 

はじめてご登場いただいたのに、 そんな言葉を掛けてくださったことが 何とも言えず、

ただ嬉しい ! 

雨が降っていようと、 店に歓びを吹き込んでいただいたことに 感謝 ♪ 

 

次回 2回目のご登場時からは、 もう当店では “常連さん” ですょ ! 

 

  

 

- 人生のなかには、 たくさんの記念日がある - 

 

節目節目の大切な記念日。

『記念日なんです』 と  コッソリ、 そして ニッコリ教えていただく日々。

サプライズ好きな店には たまらない情報 !

たとえ雨が降ろうとも、 この日は 納車記念日。 

晴れてオーナーと一緒にご登場いただいたマシンからは、 嬉しそうな 「 ♪ ルンッ 」 

エンジン音が聞こえてきました。

  

 

 

ゲストおひとり、 おひとりの  そんな記念日を、 当店は大切にしています。 

 

 

 

2014年2月19日 (水)

やわらかな光に照らされて 

 

 

 

当店の 目の前に建つ、 新築 14階のマンション shine 

外装工事は ほぼ終わり、 敷地内には樹木、 花が植えられ、

細かな部分の最終段階に入った。 

 

夜は遅くまで 間接照明が照らされ、 連日 チェックが続いている。 

まだ 工事関係者しか立ち入ることができない、 誰も入居していない

今だけの貴重なシーン。  

 

2014021801

- “裏道” である、 店の目の前の この道は、 更に明るくなった - 

 

  

店がオープンした4年前は、 この道を通る人は  ほとんどいなかった。 

毎日 一日を通して、 ひとり、 ふたりと、 数えるほどの歩行者のみ。 

今だに この道には外灯が ひとつもない。

 

店を始めてから この4年間、 皆さんから  「夜、 ここを歩いても 怖くなくなった」 と

聞くことが増えた。

 

2014021802

  

店の明かりに加えて ...

輪をかけて明るい マンションのやわらかな光は、 これから この道を更に

やさしく照らし続ける。 

  

 

 

2014年2月18日 (火)

M2 INCORPORATED

 

 

年に  1、2度   こちらの愛車に乗って ご登場くださる。 

この日は ガラスコートをかけた後に、 あえて雨に打たれようと走ってきてくださった。

 

ご到着時に まだ雨は降らず  「やはり冬は絶好調  !」 を証明するかのように

羨ましいほどに開放的になって 暖かく 気持ち良く ♪ 

  

 

Saturday,   8   February 

2月  8日  土曜日 

 

 

マツダ  M2  1001    

2014020801

2014020802
 

 

店内から眺めていた時 ...

「雨が降ってきたよ !」  居合わせたゲストから声が上がった。 

24年経つ自動車の肌は 気持ち良いくらいに 霧のようなシャワー を弾いていた。

  

 

2014020803

2014020804

 

 

自然を愛し、個性を大切にする、 とても味覚に敏感なゲストのおひとり。 

たとえ市販品のなかであっても、 日々 “究極の味” を求める姿は とても楽しい ♪

 

毎度 ここでかけていただく、 さり気ない 「ひと言」 は、 嬉しく励みになっている。 

 

   

 

マツダ M2  1001  

実験工房 「株式会社エムツー (M2)」  という名のマツダ資本の会社が創り出した、 

生産台数:300台 の NA6CE型ロードスターのスペシャルバージョン !  

ボディーカラーや ホイールなどの内外装、 エンジンまでも幅広く、 細かな部分

あちらこちらには  「スペシャル」 部品が装備されているのが特徴。

ステンレスのような質感のドアミラーは  右ミラーに比べると、 左ミラーは車前方に

オフセットされている こだわり。

思わず目をひく、 レーシングカーのクイックチャージャー風に仕立てられた給油口と

リアフェンダーに貼られた枠も含めて標準装備品。 

限定 300台の販売方法はユニークで、 購入希望者は 世田谷区/東京都の

「M2 本社ビル」 に来訪のうえ 手続きをし、 抽選。 

当選した場合の納車も本社でしか行なわなかった。

つまり、 最低 2度は  「M2 本社」 を訪れる必要があったと言う。 

 

 

 

 

- 輝く女性達 - 

  

 

 

おひとりでも サラッと気負うことなく、 お越しくださっている。

幅広い年齢の女性達。 

 

ご登場いただく その姿は さまざまで ...

仕事着(作業着)でもあったり、 スーツ、 着物(和服)、 ドレスアップ、 

ライダースウエア、 レーシングウエア、 普段着 ...

どんな姿であっても、 いつも輝いている shine 

 

さり気ない表情や、 さり気ない言葉遣いに触れると 接客をしている立場として

瞬間に勉強をさせていただく日々。

「この方の こういうところを見習いたい」 

年齢は関係無く、 そんな刺激を与えてくださることは多い。  

 

- 透明美  

 

言葉は少なく、 ごく自然な振る舞いに表れる。

これは 自分自身が目指している姿でもある。

「見かけ」 ではなく、 「内側」 を磨きたい。 

 

日々、 

ありがたいことに そんなことを、 さり気ない振る舞いで教えてくださる女性ゲストに

本当に多く お越しいただいています。 

 

  

ありがとうございます ! 

 

 

 

 

2014年2月16日 (日)

リフレッシュ ♪

 

 

 

毎日、 いろいろな意味で 体力勝負 !

“ 歩く ”  ことを始めてから ...

身体全体に “力” がつきはじめているのか、 ぐったりとするような疲れで

一日が終わることはなく

心地良い疲労感に変わった。 

   

Walking3

Walking4
 

言い訳はしない。 

 

できる時に ...

ほんのちょっとの時間、 気分を変える意味もあって “ 歩く ”

ゆっくりと歩きながら、 腕を上げてみたり、 伸びをしたり、 ストレッチをしてみたり ... 

 

 

 

今日は晴れるかな ... 

 

 

 

  

 

夜カフェにて

 

 

 

- 今後がとっても楽しみな会話が飛び交った夜 - 

  

 

Février  5  mercredi

2月  5日  水曜日 

 

『 What's  up? 』    元気 ?  

東京都の ど真ん中より 再びお越しくださった、  夜カフェにて。 

 

東京組と 九州組との嬉しき交流戦。 

 

いや、 ひょっとすると ...

肉食なるアメリカ人と、 九州人との良き交流戦と表現することの方が正しいのかも。

 

いづれにしましても ...

博多駅までお送りいただき、 ありがとうございました  confident 

 

 

チェリー cherry さん、 

次回も楽しみにしてお待ちしております。