フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ♪ プラスにもっと変えていける ♪ | メイン | 雨上がり ... »

2014年8月15日 (金)

轟く雷鳴のなか、黙祷を。 (長文です)

 

 

私の両親は 戦後生まれ。

祖父母や親戚筋には戦争の時代に生きた人がいる。

だけれど これまで、深く話を聞いたことはない。

きっと話したくない心に傷を負った経験をしたのだと思う。

店内では 一年を通して、幅広い年齢層のゲストと共に戦争の話をすることは多い。

心のどこかで、忘れてはいけないことだと思っているから。

 

 

今日は、 8月 15日。

終戦の日 ・ 戦没者を追悼し平和を祈念する日。 

  

 

雷雨のなか

カナ混じりの原文 「終戦の詔書」 を目で追いながら、玉音放送を聴いた。

そして その後、私は初めて現代語訳を読んだ。

 

(本文)


 朕深ク世界ノ大勢ト帝国ノ現状トニ鑑ミ非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セムト欲シ茲ニ忠良ナル爾臣民ニ告ク朕ハ帝国政府ヲシテ米英支蘇四国ニ対シ其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨通告セシメタリ

 抑々帝国臣民ノ康寧ヲ図リ万邦共栄ノ楽ヲ偕ニスルハ皇祖皇宗ノ遺範ニシテ朕ノ拳々措カサル所曩ニ米英二国ニ宣戦セル所以モ亦実ニ帝国ノ自存ト東亜ノ安定トヲ庶幾スルニ出テ他国ノ主権ヲ排シ領土ヲ侵スカ如キハ固ヨリ朕カ志ニアラス然ルニ交戦已ニ四歳ヲ閲シ朕カ陸海将兵ノ勇戦朕カ百僚有司ノ励精朕カ一億衆庶ノ奉公各々最善ヲ尽セルニ拘ラス戦局必スシモ好転セス世界ノ大勢亦我ニ利アラス加之敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯ノ如クムハ朕何ヲ以テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ神霊ニ謝セムヤ是レ朕カ帝国政府ヲシテ共同宣言ニ応セシムルニ至レル所以ナリ

 朕ハ帝国ト共ニ終始東亜ノ解放ニ協力セル諸盟邦ニ対シ遺憾ノ意ヲ表セサルヲ得ス帝国臣民ニシテ戦陣ニ死シ職域ニ殉シ非命ニ斃レタル者及其ノ遺族ニ想ヲ致セハ五内為ニ裂ク且戦傷ヲ負ヒ災禍ヲ蒙リ家業ヲ失ヒタル者ノ厚生ニ至リテハ朕ノ深ク軫念スル所ナリ惟フニ今後帝国ノ受クヘキ苦難ハ固ヨリ尋常ニアラス爾臣民ノ衷情モ朕善ク之ヲ知ル然レトモ朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス
 
 朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル爾臣民ノ赤誠ニ信倚シ常ニ爾臣民ト共ニ在リ若シ夫レ情ノ激スル所濫ニ事端ヲ滋クシ或ハ同胞排擠互ニ時局ヲ乱リ為ニ大道ヲ誤リ信義ヲ世界ニ失フカ如キハ朕最モ之ヲ戒ム宜シク挙国一家子孫相伝ヘ確ク神州ノ不滅ヲ信シ任重クシテ道遠キヲ念ヒ総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ道義ヲ篤クシ志操ヲ鞏クシ誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ世界ノ進運ニ後レサラムコトヲ期スヘシ爾臣民其レ克ク朕カ意ヲ体セヨ

御名御璽

昭和二十年八月十四日  



(現代語訳)


 
 私は深く世界の大勢と日本の現状について考え、非常の手段によって

この事態を収拾しようと思い、忠義で善良な国民に通告します。

 私は日本政府に米国、英国、中国、ソ連に対してポツダム宣言を受け入れることを

通告させました。

 そもそも日本国民の安全を確保し世界の国々とともに栄えることを喜びとすることは、

先祖から行ってきたことであって、私もそのように努力してきました。

先に、米国・英国に宣戦布告した理由も、日本の政治的・経済的自立と東亜の安定を

願ってのものであって、他国の主権を侵害したり、領土を侵犯したりするようなことは、

もちろん私の意志ではありません。

しかしながら、四年間の戦争で、われわれ陸海軍将兵の勇敢な戦闘や、官僚・公務員の勤勉、

一億国民の努力、それぞれ最善を尽くしたにもかかわらず、戦争における状況は芳しくなく、

世界の情勢も我々には不利に働いています。

それだけではなく、敵は、新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使用して、何の罪もない

非戦闘員を多く殺傷し、その被害はまったく図り知れません。

それでもなお戦争を継続すれば、最終的には日本民族の滅亡を招き、

そうして人類文明も破壊されることになってしまうだろう。

このような事態になったとしたら、私はどうしてわが子とも言える多くの国民を保ち、

先祖の霊に謝罪することができるだろうか。

これこそが政府にポツダム宣言に応じるよう命令した理由です。

 私は日本とともに終始、東亜の植民地解放に協力した友好国に対して、

遺憾の意を表せざるを得ません。

日本国民で戦場で没し、職場で殉職し、悲惨な最期を遂げた者、またその遺族のことを考えると

体中が引き裂かれる思いがします。

さらに戦場で負傷し、戦禍にあい、家や職場を失った者の厚生については、

私が深く心配するところです。

思うに、これから日本の受けるであろう苦難は、いうまでもなく大変なものになります。

国民の負けたくないという気持ちも私はよく知っています。

しかし、私はこれから耐え難いことを耐え、忍び難いことを忍んで将来のために

平和を実現しようと思います。

 私は、ここに国体(天皇制)を守り通して、忠義で善良な国民の真心を信頼し、

いつも国民とともにあります。

もし、感情的になって争い事をしたり、国民同士がいがみあって、国家を混乱に陥らせて

世界から信用を失うようになることを、私は強く懸念しています。 

国民よ、どうか団結して子孫ともども固く、神国日本の不滅を信じ、道は遠いが

責任の重大さを自覚し、総力を将来の建設のために傾け、道義心や志操を固くして、

日本の栄光を再び輝かせるよう、世界の動きに遅れないように努力しなければなりま

せん。

あなた方国民はどうか私の気持ちを酌んで理解してほしい。

 

 天皇の署名と印璽(ぎょめいぎょじ)

 昭和二十年八月十四日 

 

 

戦争を経験した人が周りにいない現代。

でも、ちょっと考える。

私達が今、平和なこの世に生まれることができたのは、そして今 日本全国の人と、

また、国境を越えた海外の人と出会うことができているのは、 全て その時代に

生き抜いた人がいたおかげ。

 

和尚の関東の MOTO GUZZI  仲間である方が、上記の 「終戦の詔書」 とともに 

以下、 毎年 伝えている言葉がある。

(このたび了解を得て言葉をお借りし、この記事を書くことにしました)

 

『日本に天皇陛下がいらっしゃらなかったら、今の日本は無かったと思います。

昭和天皇は、平和の道を歩かせようと国民を導かれました。

国民は、天皇のお言葉通りに粉身努力をして、焦土となった日本を再建し、経済大国

へと発展させました。

今の日本は、裕仁天皇と国民達が築き上げたのです。

私たちは、末代にわたるまで、このお言葉を忘れてはいけないのです。』 

 

『闘った戦士ばかりではなく、戦火で命を落とした市民達の霊に黙祷を捧げて下さい。

そして、日本と世界の平和を祈っていただきたいと思います。』 

 

 

玉(ぎょく)  

天皇のこと。 天子(天皇、皇帝)の身の周りのものを尊称するための接頭辞。 

 

玉音(ぎょくいん/ぎょくおん)

玉のように清らかで美しい音や声。 相手を敬って、その音信や書信をいう語。

天皇の声。

 

玉音放送(ぎょくおんほうそう)

天皇の肉声(玉音)を放送することをいう。

 

 

 

 

コメント

>   福9(ふくきゅー)さん  
  
そうですね。
「過去のこと」と片付けないで、どうして今があるかを考えないといけないですね。

konnyさん

読んでくださってありがとう。
学校の歴史も近代史から入るほうが
いいと思うんですけどね。

忌み嫌わず。

タブー視はよくないですね。なんか
性教育の話みたい。(苦笑)

>   福9(ふくきゅー)さん  
  
まだまだ知らないことは多いです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。