フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 走る宝石。 | メイン | インラインフォア。 »

2015年2月17日 (火)

「汁 (しる)」

 

 

九州人は、どんなに美しい人も 格好イイ人も

その瞬間がやってくると ...    

皆 揃って

「汁(しる)」  と 言う。

※ ここ で 九州人か関東人 かを スパッと 見分けることが出来る瞬間でもある ※

 

 

いやいや ...

深い意味は持たない。 普通に 汁(しる) って言うでしょ ?

 

 

だがしかし ...

和尚は この “ 汁(しる) ” という表現に対して 

納得がいかないらしい。 ← 和尚だけね ! 

 

「あっ !  汁がついた !」 

「この汁、どうにかしてょ !」  

「汁まで飲み干してしまうほど、美味いょ ♪」

 

あの~ 汁(しる)、汁(しる)  言ってるけどさ ...

他に 何か言い方があるでしょ。 

 

その瞬間、 私を含めて一斉に 厨房へと逆襲がわき起こる。 

「味噌汁(みそしる)って言うでしょうがっ !   “ しる ” って言って何が悪い !!」 

 

いや、その~ 

そりゃぁ、 そうだけどさっ。 

 

方言って難しい sweat01

 

因みに 和尚のツボは 「汁」 の他にも

「濃ゆい」 らしい。  

 

言葉を短縮しがちな九州人へ モノ申す !

素直に

「濃い(こい)」 って言えばいいやん。 

なんで 

あえて 「濃ゆい」 なん ? 

 

 

 

コメント

うふふsmile・それがその土地の言葉の あじ ですね。
私はド・パリの味を楽しむ

あ~カレー食べたくなってきたcoldsweats01

>   smilescissors    さん

 
おはようございます !
もうここ最近は、ゲストの皆さんが堂々と方言講座を開いてくださるので
おもしろくて ♪ 楽しくて ♪
私も今まで あたり前に使っていましたが、東京生まれの和尚からすると
かなりの “ツボ” であって不思議に思うことが多いらしいです。
そう !
方言はその土地の “あじ” “スパイス” ですね。
当店では、これからも皆さんに隠すことなく堂々と使っていただきたい。
消化に良い野菜をたっぷり煮込んだカレーを作ってお待ちしていますね !


コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。