フォトアルバム
Powered by Six Apart

« Marguerite マーガリート | メイン | 「久助」 »

2015年4月22日 (水)

心地良い理由。

 

 

 

この店を始める前の ...

昔 むかしの話。

 

ごくごく  たま~に

私は 仕事で、

または 日常の仕事でつまずくと プライベートで、 海外に飛んだ airplane 

渡航先では  とにかく歩いた。

ぼぉ~っと 砂浜で 海を眺めた。

そしていろいろなことを考えた。

 

日本のホテルに比べると、

海外のホテルは、 私にとって 心地が良かった。 

  

“ いったい何が心地良いのだろう ”   “ いったい何が違うのだろう ”  と

ホテル内の事業所に勤務してからは、真剣になって 考えたことがある。

 

- 日本のホテルと 海外のホテルの違いって ? -

海外で 1泊 300円の部屋に泊まっても、 1泊 15万円の部屋に泊まっても

更には リゾート地でも 都心部でも、 どの国であっても “ 変わらないもの ” に 気がついた。

 

それは ...

“ 挨拶 ” 

 

朝、部屋から

散歩をするために、 または 食事をするために 廊下に出る。

さまざまな国籍の人達と すれ違う。

現地の言葉で、 その国の言葉で、 気軽に 声をかけてくださる。

それは ...

ゲストであったり、 執事であったり、 ハウスキーピング (部屋の掃除係) だったり ...

 

その都度、気持ち良く 挨拶を返す。 

 

滞在中は それがあたり前となり、いつしか恥ずかしさがなくなってきた頃 ...

日本に帰ると、

知らない人とは なかなか挨拶を交わさないことに気がついた。

 

“ ここが違うんだ  flair ” 

 

前職の頃に気がつき、 それからは勤務していたホテル館内で

プライベートで泊まった旅館で、ホテルで

積極的に 声をかけてみた。 

そうすると、

外国人ゲストだけでなく、 笑顔で日本人ゲストからも  “ 挨拶 ” が 返ってきた。 

この店を立ち上げてからも、その経験を 特に強く意識をして 実践してきた。

 

 

6年が経った今 ...

この店では、

行き交うゲスト同士が 誰からともなく “ 挨拶 ” を している光景を よく目にする。 

 

  

それは ...

思わず

目を細めてしまう光景 ♪ 

ちょっと ...

嬉しい光景 ♪

 

 

 

 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。