フォトアルバム
Powered by Six Apart

« - 本日  6月  22日 (月) 営業日 -  | メイン | 「地産地消」 の 先駆け。 »

2015年6月23日 (火)

妹。

  

 

 

6年前。

この店がオープンする直前に ...

私にとって 待望の “ 妹 ”  が出来た。

  

 

子供の頃から

木登りに鬼ごっこ、 屋根登りに、 ゴレンジャーごっこ、 防空壕探検、

製材所遊びに、 校舎登り、 畑遊び  ...

従兄弟も  “ 男 ” ばかりのなかで育ってきた私は

“ 姉 ” や “  妹 ”  が 欲しくてたまらなかった。 

そのうち、学校の先輩 ・ 後輩達や 会社の先輩 ・ 後輩達を

“ 姉 ”  や  “  妹 ”  のように慕い、慕われるようになった。

 

でも まさか ...

自分に “ 妹 ”  が出来るとは ! 

 

その “ 妹 ” は、 弟の嫁さん。

私の故郷のひとつである大好きな “ 宮崎県 ” 出身の九大卒。

性格は私と似ているようで、正反対。 

おっとり冷静な考えを持つ、 仕事の合間に話していると落ちつく存在。

実際、弟よりもよく会って いろいろな話をしている。

私の実家を、自分の実家以上に慣れ親しんでくれている。

二人が結婚をする前に 私は母親に強く、強く言った。

「姑となる以上、絶対に干渉はしたらいかん。 隣のことは気にせんで、

嫁さんの自由に のびのびさせるのが一番 !」 

 

そう言う私は、世間的には  小姑。

でも  なーんにも気にしない。

私の母親も なーんにも気にしていない様子。

 

実家に嫁いだ “ 彼女 ” にとって

姑 ・ 小姑の私達は、実際のところ どう思われているのかは解らない。 

私の実家の隣に住む彼女には 私はいつも、 宮崎の実家には ちょくちょく帰って ! と

愛情を込めて言っている。  

 

だけれど、ここがいい !  と なかなか帰らない様子。

嬉しいような、複雑な気持ち。 

 

嫁さん いや、 “ 妹 ” というより

私にとっては  大切な相談ができる友人という感じ。

(ひとまわり以上離れているけどね sweat02

  

そんな大切な妹が 

女の子を 3人も産んでくれた。

 

 

私が出来なかったことを、次々としてくれちゃっている

本当に大切な存在  clover 

  

 

時々、 ひとりで店に ふっと出没しています。 

太陽の国 : 宮崎産の大らかで、しっかりものの性格、何でも手作りで作ってしまう、

でも 福岡弁を話す彼女に ...

大好きな宮崎弁で話して  ♪  と  私はいつも言っています。 

  

 

誰もが愛してくださっている当店の定番となっている  “ ドレッシング ”  は

ここだけの話。

実は宮崎県の “ 彼女の実家 ”  ドレッシングレシピを、

ちょっと この店風に アレンジしたものなのです。 

 

 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。