フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月11日 (金)

予告どおり ♪

 

 

 

栃木県に住む女性ゲストが、

出産までのカウントダウンに入った今、 ご友人とランチにご登場くださった。 

 

 

- 嬉しい ♪ 予告どおりに - 

 

Saturday,    20   FEB.

2月    20日   土曜日

 

 

こちらの女性も 

いつの頃からか、 人生の節目節目に ご登場くださっている。 

 

 

最高に、 嬉しいね。 

 

 

大きなお腹を抱えて  

        ニコニコ変わらず 

               いつもの笑顔で ♪ 

 

 

ゴールデンウィーク頃までは 

九州にいられるのかな。   

 

 

また 。。。  

ぜひ ご登場くださいねっ ♪  

 

今度は、 赤ちゃんと一緒に … ね  happy01 

 

 

 

2016年3月10日 (木)

砂糖 と 塩の関係。

 

 

 

飲食に携わる我々の永遠のテーマ ・・・ 

「砂糖  と 塩」  

 

 

Img_2516

Img_2519 

 

“ さしすせそ ” の 最初の 「さ」 と 「し」 

思い起こせば ・・・

小学生の家庭科の授業で、一番最初に教わる調理実習の基本となる 「さ」 と 「し」

それは、 とっても単純で 簡単なことのようで 知れば知るほど

実は塩梅(あんばい) が とっても難しい。 

少しでもどちらかに偏ってしまうと せっかくの手作り料理が 全く美味しくなくなるから

微妙なバランスが大切なのだ。 

 

そんなお土産を、女性ゲストより頂きました ! 

 

 

キャラメルと 潮(塩)。

料理の基本となる、 まさに 「さ」 と 「し」 

 

嬉しいお土産を、 どうもありがとうございました ♪ 

 

 

※ 料理の味付けの順番である調味料の 「さしすせそ」 

さ ・・・ 砂糖(さとう)

し ・・・ 塩(しお)

す ・・・  酢(す) 

せ ・・・ せうゆ 醤油(しょうゆ)

そ ・・・  味噌(みそ)   

 

 

ねっ ? 

化学調味料の名前は入っていないでしょ。 

これを使わなくても、 日本古来のこの 「基本の調味料」 で味付けをすれば

バッチリいい味が出るのです。 

当店では 簡単な調理法である  魔法の白い粉 = “ 化学調味料に頼らず ” 

 

とことん 「さしすせそ」 に 

こだわっています !  

 

 

 

気持ち、 晴れ ばれっ ♪

 

 

 

2015 

決算終わった。   

 

そして、 申告も終わった。 

 

 

今の気持ちは …  

ダンス天国 ♪ 

 


YouTube: Earth, Wind & Fire - Boogie Wonderland

 

 

ようやく

裏方仕事から解放されます happy01  

 

今夜は、 

もう 思い存分に 70年代 ・ 80年代の Disco Song  で 踊って ...

やっと明日から、 

ウキウキ楽しみにしていた皆さんからお借りしている本を読み始めることができそうです。 

 

 

すみません sweat01  

引き続き、 もう少しの時間  大切な本をお借りいたします。

 

 

 

 

2016年3月 6日 (日)

ふぅっ。 

 

 

 

各種の細かな検査、 

「食」 に関する、 さまざまな大手会社に交わっての研修に、 

あちらこちらへ出向いての打ち合わせと ... 

このところ とても多かったなぁ。

裏方業務、 毎朝から バリバリ全開で 

バタバタと 走り回っておりました。 

 

 

ようやく 

明日の 節目 をもって、  ホッと ひと息 dash  つくことができそうです。 

  

 

明日 月曜日は、 定休日。 

久し振りにゆったりとした、 ボォ~ッとした数時間を楽しむことができるように ...

今のうちに もうちょっと、 仕事をします。 

 

 

  

 

 

 

 

2016年3月 4日 (金)

-  海の幸のスパゲッティ -

 

  

ムール貝  と アサリ貝  を  たっぷりと ♪

 

14時から 

“ カフェの時間  ”  に 登場しています。 

 

 

Vongole_bianco

 

 

香ばしく食欲を  ソソル ニンニクの香り  ♪  華やかな白ワインの香りがたまらない ♪ 

ムール貝と アサリ貝の旨さに加えて ...

当店オリジナルである、アンチョビのコクのある旨さとの 最大の共演 ! 

 

デビューしたばかりですが ...

連日 大好評 の “ ひと品 ”  です。 

 

 

辛口白ワインにも、 香り高き  Bass  Pale  Ale  にも、 もちろん ...

ドライ ・ ゼロ にも  ピッタリ合うと、 ニッコリ笑顔が厨房へと 飛び込んできています ♪ 

 

 

春。

これからの昼下がりには 

外カフェで 大きな空を眺めながら ...  と 考えたスパゲッティです !   

もちろん ! 

他の品と 同様に ...

“ 大盛  ” のオーダーも飛び込んできています。 

 

 

 

 

 

 

2016年3月 2日 (水)

friendly. フレンドリー 

 

 

 

姪の浜の、 こんなに小さな店にも ♪  

 

オープン当時から、

時々 ですが ... 

昼 ・ 夜、  あちらこちらから 外国人ゲストがご登場くださっています。 

 

 

現在は、 福岡市在住の方が 殆どですが ...

まれに時折、 嬉しいことに  旅行者も ♪ 

 

これまでご登場くださった外国人ゲストは ...

ヨーロッパ各国、 アメリカ、 カナダ、 オーストラリア、 ニュージーランド、

そして ...

アジア各国。 

 

おひとりで グループで ご登場くださる方が 殆どだけれど

なかには …

日本人のお友達に、 ご家族に 紹介されてご登場くださることも ♪ 

 

 

-  この店のスタッフは、 片言の英語で 身振り手振りで会話をします -

 

 

それに応じてくださるかのように  外国人ゲストは フレンドリーに、 いろいろと話してくださる。 

その時  タイミングよく居合わせたゲストの皆さんからは 思わず 質問や会話が生まれています。 

外国人ゲストに “ 福岡の ” “ 九州の ”  いろいろな情報を伝えようと一生懸命で 

自然に 楽しい時間が生まれています。

 

 

このような とても小さな店内で生まれている交流 ♪

なんだか、  

とっても 嬉しいことです。 

 

 

福岡県人、 九州人は とっても 

ニコニコ フレンドリーなのです ♪ 

 

 

 

friendly.   フレンドリー

友好的であるさま。  親しみやすいさま。 

 

 

 

 

-  3月の ご案内  -

 

 

 

【定休日】

 

 3月    7日  (月曜日)  

 3月   14日  (月曜日)

 3月   28日  (月曜日)   

 

※ 連休中は、 通しで 営業しています  ※  

 

【営業時間】

 

11 : 30 ~ 16 : 00   19 : 00 ~ 23 : 00

    土曜日    : 11 : 30 ~ 23 : 00  〈通しで営業〉  

日曜 ・ 祝日  :  11 : 30 ~ 20 : 00  〈通しで営業〉

 

- 熊本県在住のゲストが作って下さった  youtube でのご案内です -       

 

YouTube: Cafe de Paris の行き方~♪  

【福岡都市高速 (環状線 内回り)  : 姪浜出口で下りた場合の動画】  

 

 

福岡市西区姪の浜 4丁目 16-3 

telephone 092-986-5757 

 

 

clover 都市高速(環状線外回り)を利用した場合  

   福重(ふくしげ)出口で下りてください。 

※ 外回りでは 姪浜出口は 下りることができません !

 

clover 都市高速(環状線内回り)を利用した場合 【上記、動画】

      愛宕(あたご)出口、 もしくは次の  姪浜出口 【上記、動画】 で下りてください。 

 

 

- 当店の利用方法 -

clover 本場 欧米の Café  を見習い、おとなの皆さんを対象とした“ Café  カフェ ” 

clover  いつも 静かな時間が流れ、 ひとりで、 お仲間と  自宅のリビングルームのように

   プライベートなひとときを過ごすことができます。

clover  幅広く旅が好きな方々が  食事に、 カフェに ひとりで気軽に立ち寄ってくだっています。  

clover  朝から、昼から 堂々と呑んで リフレッシュ ができる店です ♪

clover 店は 舞台。 ゲストの皆さんおひとりおひとりが 主役である店へ ようこそ  !

 

 

 

はじめての方も、もう何度もお越しくださっている方も、 

肩の力をぬいて 素になって  気軽にご登場くださいませ !

かけがえのない人生の旅の出会いが、 心を揺さぶるような おもしろいことが

起こるかも  ... しれません。