フォトアルバム
Powered by Six Apart

« “ DUCATI オーナー ” さんへ、 業務連絡です ! | メイン | “ 連邦の白い悪魔 ” »

2016年3月16日 (水)

命の大切さ。

 

 

 

おとといの営業中の夜に、 

LOVE  FM   ラブ  ・  エフエム   深夜の福岡ラヂオ番組より聞こえてきた投稿より。 

 

 

  

Img_1265 

 

 

“ 家に帰ると、 娘が ボロボロに痩せこけた犬を保護していました。 

家のそばで、 娘に 尻尾をふって近寄って来たらしいです。 

汚れているわ、 痩せこけているわ、 飼い主は見つからないだろうな、

これでは、 もらい手は いないだろうな ...

下手をすれば 動物管理センターへ行くことになり、 ゆくゆく 近いうちに殺処分になるかもしれない ” 

 

- 尻尾をふって近寄ってきた この犬の未来を思うと、 辛い気持ちになった - 

 

 

近所の動物病院へ、 ダメもとでもと 迷い犬のためのマイクロチップが埋め込まれていないか調べてもらいに向かった。 

 

 

先生が 『マイクロチップ、 入っていますょ ! 』 

  

… 見ると、住所は 東京都  !?

 

 

 

連絡をしてみると、 

飼い主さんは 驚き、 とても 喜んでいたそう。 

経緯を伺うと、 飼い主さんは  東京都から 福岡県へ転勤で “ 博多駅 ”  に着いた際に  

飼い犬が飛び出し、 その後 行方知らずとなったそう。 

探しても 探しても、  もう 何日も見つからないので 

その日を “ 命日 ”  として 諦めていたそう。 

 

 

ここは ...

太宰府だよ  !  

博多駅からは 約 17km  もある。 

  

その道のりを 何日もかけて、 昼夜 トボトボと歩いてきたんだろうな。 

運良く自動車にひかれず、 ろくに  エサも食べずに  ...  水も飲まずに 

雪が降る寒い日もあった ...

  

 

埋め込まれていたマイクロチップを見つけることができたことで、

動物管理センターで、 ガス室に送られることなく 

無事に 飼い主さんの元へと帰ることができました。 

 

 

生きるために必死な そんな 動物 (ペット) が、

我々のこんなに身近にいることを 絶対に忘れてはいけない、  

どんなに小さな命でも この世に生まれた かけがえのない生命。

私は 大切にしたいと思うので、  今回 あえてブログに書き留めた次第です。 

 

 

 

汚れて 痩せこけながらも、  尻尾をふって 

娘さんに 近寄って来た ...

   

動物的直観で、 この犬は 『この人なら 助けてくれる ! 』 と思ったのかもしれません。 

  

 

LOVE  FM   ラブ ・ エフエム 

福岡を代表する  FMラヂオ局。 周波数 76.1MHz。

九州北部広範囲をカバーする 10ヶ国語の多言語放送局。

中学校の私の一級上の先輩である、 DJ  : 太田 こぞう さんが受け持つ番組 

“ 月下虫音(げっかちゅうね) ” より、 

このたび、  リスナーさんからの投稿を拝借いたしました。  

 

 

 

 

コメント

いいお話ですね。
昆虫好きの太田こぞうさんの番組でしたか。なるほど~

>    福9(ふくきゅー)  さん   
 
 
そうそう、 昆虫 DJの “こぞう” さん。
あの独特な声と、コテコテの福岡弁に ...
最初は 「ん !?」 と思うんですけど
とっても心が落ち着く声と ゆったりな調子に癒されております。

それに 
“こぞう” さんが我々に訴えてくる言葉は、 不思議と記憶に残り 
あとあとまで 考えさせられる物事が多いんですょね。
 
リスナーさんからの こちらの投稿も、
いろいろと広い面から 深く考えさせられた次第です。 
 

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。