フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 「競争はするな、 勉強はせよ」 | メイン | - Blanc manger ブラン ・ マンジェ - »

2016年3月17日 (木)

4年に一度の、 貴重なる “ 閏月 (うるうづき) ” に

 

 

 

       diamond   2016年  2月     2日  (火)  ~   2月    28日  (日)   diamond  

 

 

shine ニヤニヤと笑いに溢れ、 オートバイに乗ってご登場くださったマシンをご紹介いたします   shine     

 

               

Img_2472 

with  BIKE   月刊 ウィズバイク  vol. 81    2016  february  より

 

 

YAMAHA YZF-R6   -  World  GP  50th  Anniversary  Edition -

HONDA  CB  400   SUPER  FOUR  - 1996 -  “ おだまりっ ! ”  ドロンジョ 様 ♪  

BMW  R 1200 GS   華やかに タンデムで <前回は、 次女と ♪ 今回は 三女と>

SUZUKI  GSX-R  1000   (K2)    全国  SUZUKI 推進課 推進部長 !  

DUCATI  STREET FIGHTER  848   【Repubblica Italiana】  

Kawasaki  KLX  250    

Kawasaki  Ninja  ZX-10R   Curry  愛好家 ♪ 

SUZUKI   GSX 1200   -  青いイナズマ -  

SUZUKI   GSX 1400   (K4)   博多を愛する ウメちゃん (※ 季節柄、名前を書いてみました)

台湾山葉機車工業  YW 125 T   BW'S  125   <中華民国>  “ 屋台雲仙号 ”

HONDA HONET 250    志賀島の  “ 主 ”  パトロール巡回中 ! 

YAMAHA  SRX - 600    自称 : ティンカーベル  怪しいムッシュー ♪ 

YAMAHA SRX - 400  3型  怪しさは上記 ↑ に負けず劣らず 流石 SRX  怪しすぎるムッシュー ♪ 

Harley-Davidson  SPORTSTER  XL 1200 S   - 1998 -   輝かしき、ファイナル ♪ 

YAMAHA  YZF-R6  Rossi   “ VR 46 ”  Replica  2005   全国を股にかけて ♪  活躍中 !   福津市/福岡県より  

DUCATI  MONSTER  900   【Repubblica Italiana】   華麗なる楽しき !  けん玉先生 ! 

KTM  RC8R   【Republik  Österreich】   記念すべき、初登場マシン  motorsportsshine   屋台 雲仙 大本氏 

 

   

bell  2月のネタ多き、ゲストの皆さん  bell 

 

 

二日酔いのままに、 迎え酒でご登場くださった皆さん ♪

玉名市/熊本県より、 新幹線に乗って 初のスーパードライを飲んでくださった hi-ro ! 

和尚の秘密基地の “ 主 ”   飯塚市/福岡県より、 米俵を抱えてご登場 ♪ 

昔懐かしいものを食べることが出来る “ 喫茶店 ”  探しをしているという、 方々。 

入院先から “ 外出許可 ”  を得て、 トライアスロンのような競技で ご登場くださったゲスト。

京都府より、 相方さんと ♪ 世代は違えど、

和尚とは偶然にも同高校/大学 ・ 同部活動 ・ 神(ジン)さんの御膝元でのモトグッツィ乗り ♪ 

大阪府より ご登場 ♪  お二人が付き合いはじめて 3年目の記念日 呑み呑み Party  ♪   

SUZUKI  男性ライダーから、 SUZUKI  女性ライダーへと、 TODAY  (HONDA) が お嫁いりに ♪  

VISION  代表  伊藤氏  <初> 

栃木県より、 ご出産間近 ♪ 嬉しい女子会に 

DUCATI  正規代理店  AVANZARE  アバンツァーレ 時には、 広報部長にもなりますがな ...   代表 田代氏 !  

日本が誇る !   miyata  サイクル LIGHTEC RIDGE  RUNNER   真冬仕様で ♪ 

  

 

雪が舞う とても寒い日があったり、 極端に 初夏の気温になったりと、  

気まぐれな  “ 2月 ”  に   ぶんぶん振り回された日々。  

 

そんななかでも  ...  

徒歩で、 自動車に乗って、 地下鉄に乗って、 久し振りにご登場くださった方  更には

初めてご登場くださった方が多く目立った 嬉しき日々でした。  

心から楽しく、 見つけてくださったことに  勇気をもってご登場くださったことに

大きな声で 感謝を申し上げます。   

    

 

 

      『2月の楽しき日々を、  

                               どうも ありがとうございました』   

 

 

 

  

 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。