フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 6月の ある日。 | メイン | 株主。 »

2017年7月 9日 (日)

- ホテル風  スパゲッティ ・ ナポリタン -  

 

 

 

Napoli 

 

「ウン ...  ひとつ ひとつが 丁寧だょね」

「ウンウン  !   やっぱり、 ココのナポリタンだょね」 

 

  

厨房に そんな “ 声 ” が届いた瞬間、

心から素直に とても嬉しかった。 

 

   

21  juin  mercredi

6月   21日  水曜日

   

 

店の一番端っこの  いつもの “ 定位置 ” に腰かけて、

口いっぱいにナポリタンを頬張りながら、

ひとり ニヤケテ  いらっしゃるゲストがいた。 

  

 

サプライズで、 今年も !  

湘南の青き風/神奈川県 からご登場。  

 

 

数年前に、  

転勤で 姪の浜/福岡市に在住するも ...

その後、 横浜のランドマークタワーに舞い戻ってしまわれたゲスト。 

  

この日、

福岡出張を ど 根性で率先して獲得し、

お昼休みには 博多駅から地下鉄に乗って 姪の浜に降り立った。 

かつて ゲストの住んでいらっしゃった周辺を確かめるかのように

歩いて 歩いて … 

最終ポイントの “ この店 ” に ご到着。 

 

 

「何も 変わってないでしょ ?」   

 

たとえ  1000km ほど離れていても 

いつも近くに感じられるようにと、 ブログで 毎日 近況を発信し続けている。 

 

 

たまたま居合わせた本州からご登場くださったライダーに、 

九州にいる間に “ 絶対に行ってみてほしい ! ” と 

マニアックなる九州のオススメポイント  を  アドバイスしているゲスト。 

 

 

 

それは 何だか 

とっても とっても 嬉しい光景でありました。 

 

 

 

また 

福岡出張を 是非、 獲得して遊びにいらしてくださいね ♬ 

お会いできる日を、 楽しみにしています。  

   

  

 

 - スパゲッティ ・ ナポリタンの歴史 -   

 

終戦後、

1945年  8月  30日に到着した 連合国軍最高司令官  : ダグラス・マッカーサー元帥によって

米軍による占領が開始され、 横浜市山下町にある “ ホテル ・ ニューグランド  ” も

GHQ将校の宿舎として接収されました。

サンフランシスコ講和条約後 1952年に接収解除されるまでの間に、

さまざまな進駐軍文化が横浜にもたらされました。

そのうちの一つが  “料理 ” です。

彼らの持ち込んだ軍用保存食の中に スパゲッティとケチャップがあり、

米兵たちは 茹でたスパゲッティに塩 ・ 胡椒で味付けをし、 トマトケチャップを和えたものを

昼食 ・ 夜食に よく食べていたそうです。

このケチャップ ・ スパゲッティは、 食料事情が悪いなかでも簡単に

作ることができるということで、

進駐軍文化に興味津々だった市民にも広まり、 街の喫茶店でも

出されるようになり、 日本中で流行しました。

一方  “ ホテル ・ ニューグランド ” の戦後を担った 2代目総料理長 : 入江茂忠二 氏は、

いかにも味気ない このケチャップ ・ スパゲッティ を皆が喜んで食べていることが気になり、

ホテルで出すスパゲッティとして相応しいものとするため、

苦心の改良を重ねました。

ホテル ・ ニューグランドでは  これまで 初代総料理長 S ・ ワイル 氏より受け継いだ、

多くのパスタ料理がございました。

ボンゴレ (アサリ)、  カルソ (仔牛肉の細切りにマッシュルームをトマトソースに合わせた料理)、 

ボロネーズ (俗に言うミートソース)  …

2代目総料理長 : 入江 氏は、 ケチャップ ・ スパゲッティに代わって

トマト風味を生かした 当ホテルならではの風味豊かなソースを作り出し、

スパゲッティと合わせてお客様へお出ししました。

ニンニクと玉葱の微塵切りを飴色になるまでよく炒め、 トマトの粗切り、

ホール ・ トマトペーストを加え、 ロ-リエとたっぷりのオリーブオイルを入れて完成したソースを

スパゲッティと合わせたこの料理は、 後に 「スパゲッティ ・  ナポリタン」 と

名付けられました。

 

  

 

そんな

歴史のある 「スパゲッティ ・  ナポリタン」 を 是非とも 

この店で お楽しみくださいませ。    
  

 

- 叔父より受け継いだレシピです -

 

 

 

 

 

  

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。